新人研修

新人研修と、その後の長期的なOJTで、実践的な基礎力が身につきます。

新人研修

手厚い新人教育は日本ユニシスの伝統。出身学部を問わず、ICT業界で活躍する基礎固めを行います。

日本ユニシスでは、総合職として入社すると同期と共に新人研修を受講し、その後、配属が決まります。

新人研修では、はじめに「ビジネス研修」で会社に関する知識やビジネスマナー、プレゼンテーションのノウハウなどを学びます。その後の「IT研修」で、日本ユニシスの一員としてお客様にサービスやソリューションを提供するための、基礎的なIT知識を習得していきます。具体的には、コンピューターの仕組みやプログラミングの基礎、Web技術やデータベースなどを習得します。最後にプロジェクトメンバーの一員としてシステム開発を体験します。講師は、第一線で活躍する先輩社員や専門家がカリキュラム別に担当するため、SIer業界のトレンドや鋭いビジネス感覚を吸収する絶好の機会にもなっています。

新人研修を終える頃には、心強い同期との結束も生まれ、自信とやる気をもって配属を待てるほど成長していること間違いありません。

OJT

配属後は、約3年におよぶOJT。実務を通して目標を定め、先輩の指導のもと着実な成長を目指します。

新人研修が終わると各職場に配属され、OJTにより知識とスキルを定着させます。新入社員に対し1対1でOJTトレーナーがつき、日常業務を通じて、仕事の進め方や必要な技術・知識などを伝えます。また、新入社員の育成計画は組織長・トレーナー・新入社員の三者で定期的に見直し、より適切な育成に取り組んでいます。

またOJTと並行して、1年目の「フォローアップ研修」や、入社5年目までに受講する「義務教育コース」(「システム開発技術」と「プロジェクト管理」)によって、さらなる向上を目指します。このように集合研修およびOJTを通じて、新入社員をお客さまに貢献できるプロフェッショナルに育成します。