JP/EN

 

年末調整問い合わせパッケージ:AIを活用した業務効率化サービス RinzaTalk®

人事担当の皆さま! 年末調整業務において、こんなお悩みありませんか?
人事担当の皆さま! 年末調整業務において、こんなお悩みありませんか?
  • 問い合わせ数が多く担当者の対応負荷が高い
  • さまざまな問い合わせ窓口を用意する必要があり、運用コストが高い
  • 法律改正についていくのが大変
  • 同じ質問ばかりで効率が悪い
企業における年末調整は、ほとんどの従業員が対象となるため、法改正対応や扶養家族の属性変更など、人事部門への問い合わせが多数発生し、担当部門の対応負荷が増加しています。

RinzaTalk年末調整問い合わせパッケージ で負荷を軽減!


対話型AIチャットボットが担当者に代わり質疑応答。
人事部門担当者への問い合わせ数 約73%削減!(日本ユニシス実績)
従業員からの年末調整の問い合わせ業務に対して、AIで定型的な回答を自動化し、従業員の疑問傾向を把握できる「RinzaTalk年末調整問い合わせ対応パッケージ」を企業の人事部門向けにご提供します。日本ユニシスでは、本パッケージの導入後、人事部門の問い合わせ業務時間が約20%、問い合わせ数は73%削減されました。

RinzaTalk年末調整問い合わせパッケージには、日本ユニシスで試行・使用した頻度の高い想定質問回答データが含まれています。その想定質問回答データに、お客さま独自の個別質問回答データを加えることで、短期間でFAQを作成できます。さらに、個社に最適なチューニングやAIに対するお客さまの社内用語の学習等の設定を行うことにより、確度の高い問い合わせの自動応答機能(対話側AIチャットボット)をご利用いただけます。

自動応答機能の活用により、人事担当の問い合わせ業務が効率化されるだけではなく、利用状況レポート機能により、従業員の疑問の傾向値を把握することができます。
【問い合わせ自動応答 画面イメージ】
問い合わせ自動応答 画面イメージ
【利用状況レポート 画面イメージ】
利用状況レポート 画面イメージ

システムの提供形態

RinzaTalk年末調整問い合わせパッケージ はSaaS型サービスとしてご提供します。
SaaS型サービスのため、特殊なクライアントアプリケーションやサーバーは必要はありません。インターネットに接続可能なPC、スマートフォンをお客さまにてご準備ください。
年末調整問い合わせパッケージ システム提供形態

RinzaTalk年末調整問い合わせパッケージの特長

最短1か月で運用開始可能!
AIが年末調整に特化した内容で、自動応答モデルと想定質問回答データを学習済みのため、最短1か月でご利用開始が可能です。日本ユニシスで試行・使用した頻度の高い想定質問回答データをもとに、お客さま独自の個別質問回答データを加味することで、確度の高いFAQを短期間で作成できます。
年末調整期間のみのご利用により低価格!
本パッケージは、年末調整の実施期間(11月~1月)のみのご利用・ご契約となります。(期間の延長も可能)
期間に無駄がなく、またリーズナブルにご利用いただけます。詳細は「パッケージの詳細」をご参照ください。
利用状況レポートで疑問の傾向値を把握!
利用状況(利用者数、会話数、応答結果、検索ログ)に関するレポートを期間中最大10回ご提供します。利用状況レポートにより、従業員の疑問の傾向値を把握することが可能です。さらに、その傾向を想定質問回答データに反映させることにより、応答結果の確度をさらに向上させることができます。

ご利用の流れ

お申し込みから運用までの流れは以下の通りです。
ご利用の流れ

RinzaTalk年末調整問い合わせパッケージの詳細

パッケージの提供期間・詳細は以下の通りです。
・申し込み期間    : 2021年8月12日~2021年10月末
・サービス提供期間  : 2021年11月~2022年1月 ※必要に応じて期間の延長が可能です。
・パッケージの内容  : RinzaTalk SaaSサービス
             想定質問回答データ、設定・チューニング(1回)
             利用状況レポート(期間中最大10回)

特別価格キャンペーン実施中!
詳細はお問い合わせください。

*Rinza、RinzaTarget、RinzaTalk、RinzaLabは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。