JP/EN

 

コラム一覧

ファシリティマネジメントにおけるDXの目的とKPIとは? >

DXは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義されています。では、第四の経営基盤と呼ばれるファシリティマネジメントにおけるDXの目的や手段、課題はどのようなものがあるでしょうか?

ファシリティマネジメントで管理すべき情報とは? >

前回の「組織におけるファシリティマネジメントとは?」の記事で、DX時代のファシリティマネジメントにおいても、第一歩目は現状把握から始めることが重要であると記載しました。
では、現状を把握するとは?把握すべき情報とは?について、今回のコラムでご紹介します。

組織におけるファシリティマネジメントとは? >

近年、経営戦略のひとつとしてファシリティの有効活用が注目されています。ビル・店舗などの経営や施設管理にかかわる方々は、ファシリティマネジメントという言葉を耳にされているのではないでしょうか。
※掲載内容は特に断りのない限り執筆時点の情報であり、変更される場合があります。予めご了承ください。