JP/EN

 

Foresight in sight

不正アクセス防止サービス Capy(キャピー)

不正アクセス防止サービスCapy(キャピー)は、ユーザビリティーとセキュリティを両立させる不正ログイン対策ソリューションです。リバースブルートフォースアタック、パスワードリスト型攻撃、なりすましログインなどの不正ログイン対策を提供します。

トピックス

不正アクセスに対抗する4つのCapyサービス

不正アクセスに対抗する4つのCapyサービス

Capy リアルタイムブラックリスト

Capyサービスを利用いただくユーザーサイトを攻撃した攻撃元IPアドレス(ブラックIPアドレス)を他社、業界内外で共有しながらリアルタイムにブラックリストを更新します。 攻撃に利用されたIPアドレスだけでなく、プロキシ・クラウドサーバ経由のIPも検知可能です。
Capyサービス導入先企業:大手・中堅企業約70社

CapyパズルCAPTCHA+リアルタイムブラックリストの組合せ構成

サイト訪問者の送信元IPとリアルタイムブラックリストをマッチングさせブラック判定された送信元に対しては「難解なパズル」を表示させ、マッチングしないユーザには簡単なパズルを表示させます。一般利用者のユーザビリティーは保ちつつ攻撃者に対するセキュリティレベルを上げることが可能です。
CapyパズルCAPTCHA+リアルタイムブラックリストの組合せ構成

Capyリスクベース認証

ログイン時に本人らしさを評価し、不正ログイン(なりすましログイン)を検知します。
Capyリスクベース認証
※軌跡分析:マウスポインターの動きから人間らしい軌跡かコンピュータかの判定を行います。

Capyリスクベース認証のコンセプト

イラストやアイコンの“意味”を理解し、それらを正しい位置に配置することで、人間かスパムBotかを判別します。
攻撃者にとっては、画像解析に加えて人工知能も駆使する必要があるため、強力なスパムBot対策ツールとなります
ストレスフリーなインターネットサービスを提供する為サービス利用者と攻撃者をリアルタイムに判別

Capy 不正アクセス防止サービス導入フロー

Capy 不正アクセス防止サービス導入フロー 簡単5ステップ 30分以内の簡単導入
即日、貴社のWEBサイト上でご利用いただくことが可能です。 また最長1か月間のお試し利用が可能です。

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。