JP/EN

 

Foresight in sight

DevSecOpsソリューション

AlesInfiny 変化するビジネス要求に迅速に対処しながら、安全・安心なデジタルサービスを開発・提供するためのDevOpsセキュアフレームワーク
変化するビジネス環境と対峙しながら、顧客との新たなデジタル接点の構築や顧客体験価値の創出を成功に導くには、顧客の反応を素早く受け止め、サービスの改善を繰り返すスピードとアジリティが求められます。一方、スピードを優先するあまりセキュリティ対策が後手に回るケースが少なくありません。
多種多様なクラウドサービスがつながり、ビジネスエコシステムが形成されるなか、セキュリティリスクはこれまで以上に高まっています。DX推進に求められるスキルは多岐にわたり、アジリティとセキュリティーの両立は多くの事業者にとって喫緊の課題です。
事業者が抱える主な課題
  1. 自社のDXを推進したいが、技術・アーキテクチャの選定・実装に必要なスキル・リソースが不足している。
  2. ビジネス立ち上げ時のスピードを最優先としたいが、セキュリティも併せて担保したい。
  3. サービスリリース後の運用負荷が高く、新しいサービスや機能改善のためのリソースが確保できない。
AlesInfinyの導入効果
1.ビジネス創出への注力
最適な技術・アーキテクチャを組み合わせた開発・実行環境の利用により、ビジネス価値創造活動に集中することができます。
2.スピードと安全性の両立
DevOpsの実行サイクルにセキュリティの自動チェックを組み込んでおり、開発のスピードと安全性の両立が可能です。
3.運用リソースのシフト
リモート監視サービスとアプリケーション監視サービスを利用いただくことで、運用業務にかかるリソースを解放します。
「DevSecOpsとIT武装で実現する、開発競争力強化セミナー」アーカイブ動画をYouTubeで配信中

DevOpsセキュアフレームワーク AlesInfiny(アレスインフィニィ)とは

安全・安心なデジタルサービスを開発・提供するための DevOpsセキュアフレームワーク
「AlesInfiny」は、事業者のデジタルサービスの素早い立ち上げ、俊敏かつ継続的なサービス改善を、 安全性・信頼性を損なうことなく実現するDevOps※セキュアフレームワークです。 本サービスをご利用いただくことにより、DX を推進する事業者のビジネス成長に貢献します。
※DevOps:開発チーム(Development)と運用チーム(Operations)が協力しあってシステムを開発・運用することで、ビジネスの価値を 高めるためのさまざまな取り組みを示す概念

AlesInfinyの構成

  • 開発支援サービス群
    MVP※構築や、素早くPoC※を始めるために必要となるDevSecOps※のクラウド製品・サービス群です。
  • 運用支援サービス群
    対象となるデジタルサービスのビジネス成長ステージやビジネス規模、セキュリティリスクなどに応じて利用できる、リモート監視運用サービス、AP性能監視サービス、その他のサービス運用・運営ツールです。
※MVP(Minimum Viable Product):価値仮説をすばやく検証するための実用最小限の機能だけを搭載したプロダクトのこと
※PoC(Proof of Concept):サービスのアイディアやコンセプトの有用性や実現可能性の実証を目的とした検証。概念実証
※DevSecOps:SecはSecurityの意味で、DevOpsによる開発・運用に、セキュリティーを加えた概念
Alesinfinyの構成図

AlesInfinyのサービスメニュー

実行基盤となる基本セットと、個別のご要望に応じて追加できるオプションの2つのメニューで構成されます。

基本メニュー

サービスメニュー 提供内容
AlesInfiny基本セット お客さまのデジタルサービスの開発・実行環境として、クラウド上でのDevSecOps環境を月額でご利用いただけます。
 

オプションメニュー

サービスメニュー 提供内容
Webアプリケーションソースコード診断サービス Webアプリケーションのソースコード中の脆弱性の有無を診断し、報告するサービスをご利用できます。
監視支援サービス AlesInfiny環境下でアプリケーションパフォーマンス監視またはリモート運用監視サービスを提供します。
 

事例紹介

AlesInfiny 当社BtoCサービスビジネスへの適用事例

プロジェクト概要

検討中のサービスが利用者の課題に対する最適な解決方法となっているかを検証するため、 PoC構築(3か月)・実証実験(3か月)を実施しています。
構築期間が短く、限られたコストの中で実証実験を完了させる必要がありました。

AlesInfiny導入効果

・あらかじめ最適な設定が施されたPaaS構成の利用による、環境構築期間の短縮、費用低減
・ビルド/デプロイの自動化の仕組みによる、品質向上とリードタイムの短縮
・開発に必要なアセットの活用による、環境維持にかかる運用保守工数の削減
環境構築、維持にかかる費用を56%削減。※IaaS中心の構成と比較
※IaaS中心の構成と比較
構築にかかった期間と工数を70%削減。※IaaS中心のサービスアプリとの比較
※IaaS中心のサービスアプリとの比較
システム設定が必要なパラメーターシートの鵜目数を33%削減。※プロジェクト内で比較可能なリソーSに限定。
※プロジェクト内で比較可能なリソースに限定
開発・運用保守の作業が60%負荷軽減

利用イメージ

利用イメージ図

関連サービス

トピックス

*AlesInfiny、CLOUDTREK、CLOUDForesight、AXLab は、日本ユニシス株式会社の登録商標または商標です

*Atlassian、アトラシアン、Atlassian ロゴは、Atlassian Pty Ltd の商標または登録商標です。

*AppDynamics は、AppDynamics, Inc.の登録商標です。

*Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商 標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。