JP/EN

 

Foresight in sight

クロノロジー型 危機管理情報共有システム 災害ネット

BCP:災害時だからこそ、シンプルな情報共有ツール
クロノロジー(時系列)に沿って記録するだけで、今、何が起きているのかリアルタイムに把握ができます。ありそうでなかった災害情報収集・共有ツールが災害ネットです。
出典:消防防災科学センター 災害写真データベース
  • クロノロジー(Chronology)とは
    情報を時系列に並べたもの。また、情報を時系列に沿ってホワイトボードなどに書き出し、整理する手法。自衛隊などでは古くから利用されており、緊急時の情報管理方法として定着しています。

トピックス バックナンバー >

特長:災害ネットで実現できること!

入ってきた情報を、入ってきたまま、時系列で入力するだけで、情報の収集、共有にかかる時間と労力を大きく削減、会社のBCP(業務継続)を支援します。
ボトルネックポイントを改善。全社員の時間と労力が削減され、様々な効果を生み出します
災害時、短時間のうちに大量に入ってくる情報を人力で収集・共有することは、一定のタイミングで限界をむかえます。災害ネットは、ボトルネックポイントとなる情報の収集・共有にかかる時間を大きく削減し、以下の様々な効果を生み出し災害対策として活用できます。
  • 大量の情報が時系列でまとまる
  • 最新情報を全社員で見られる
  • 自宅からも状況把握できる
  • 報告資料がすぐ作れる
  • 意思決定が早く・正確になる
  • データから振り返りができる

災害ネットとは?

「災害時」という特異な状況で、簡単に情報を一元化し、共有するツール
  • 災害時、現場・各部署の社員から大量の情報が「電話・メール・伝令」など、さまざまな手段で報告されるため、事務局は情報処理に追われます。その結果「経営層への報告が遅れ、意思決定が遅れる、重要情報を見落とす」といった問題が発生します。
  • 災害情報を時系列に沿ってホワイトボードに書き出す手法(クロノロジー)は、その業種・業態でも定着している手法です。
  • パソコンやスマホからオンラインで各班の掲示板(ホワイトボード)ページに書き込むことで、サーバーに全社の情報を一元化できます。
  • 一元化された災害情報を共有(連携)することで、今、どこで何が起きているかリアルタイムに把握することができます。
災害時の想定シーン:現場・各部署→対策本部・事務局→経営層
(災害時の想定対応シーン)
シンプルな仕組みであわただしい現場でも簡単に情報を一元化・見える化
(災害ネットを導入した想定シーン)

2つの機能

災害ネットは、”災害時”という特異な状況の情報共有に対応するため、「シンプル」な操作の「必要最低限」の機能のみをご用意しています。災害時のさまざまな事態に備え、パソコンからの入力・閲覧はもちろんのこと、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からも、ご利用頂けます。
  • クロノロジー(時系列)機能
    収集した情報を時系列で記録、必要な情報を上位にエスカレーションする機能、スマートフォンでも閲覧ができます。
1.組織ごとにクロノロジーページに情報を入力、2.必要な情報のみを上位チームに共有、3.上位チームは下位チームからの情報を確認
  • 集計表機能
    拠点や工場、店舗などが被災情報を入力し、アンケート形式で回答します。回答内容を集計し一覧表示をする機能です。
集計表機能:1.報告ページにアクセスし、アンケート形式で回答、2.集計された内容を一覧表形式で確認

適用業界

国・製造業・鉄道業・ライフライン事業・金融業など、さまざまな業界のお客様にご採用頂き、経験と実績を重ねています。
導入いただいたお客さまでは、実災害(地震・豪雨・台風対応など)で利用されている他に災害対策やBCP対策として訓練や日々の業務でもご活用されています。
適用業界

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。