JP/EN

 

Foresight in sight

自律走行型業務代行ロボット

自律走行型業務代行ロボット
サービスロボットが繋ぐ新しいあたりまえを
ヒトの代わりに、ヒトと一緒に、ヒトを超えて・・・。
サービスロボットが当たり前のように活躍する時代が到来します。
日本ユニシスはサービスロボットの1つとして、AIを搭載した自律走行型業務代替ロボットを提案します。
働く人も、買う人も、共に笑顔になる未来の実現を目指します。

事例紹介:株式会社カスミ様 2分29秒

サービスロボットは閉店後の店舗を自律走行し、売場のチェック業務を代行します。AI画像解析技術を用いて「POP期限チェック・売価チェック・品切れチェック」を行い、労働力不足等の社会課題を解決します。

人とロボットの共生

少子高齢化による労働力人口の減少により、圧倒的な働き手不足という問題が発生しています。一方で、業種を越えた競争の激化により日々の業務は一層の高度化・多様化が進んでいます。この二つの需給ギャップは広がる一方です。
RASFOR( Robot as a Service for Retail )は、 小売店舗向け業務代行AIロボットです。
RASFOR では、日々のルーティーンワークをAIとロボットにより自動化することで、人的業務を削減することができ、働き手不足の解決を目指します。またAI解析により、業務品質の維持・向上が可能です。
今まで人が行っていた業務をAIとロボティクスによって自動化する、人とロボットの共生関係が構築されます。

RASFOR特長

POP期限チェック・売価チェック・品切れチェック・棚割自動登録

AIによる画像解析、マスターデータ(期限切れPOPリスト作成/売価誤りリスト作成/欠品商品リスト作成/棚割情報登録)
  • POP期限チェック
    掲出期間が過ぎている、若しくは期限間近のPOPを検出し、リストを作成します。
    翌朝、リストを参照してPOP付け替え作業を行うことで、効率良く開店準備を行えます。
  • 売価チェック
    店頭の値札やPOPに表示されている売価をシステム上の売価マスタデータと照合し、不一致と判断された商品はリスト化されます。
    リストアップされた商品のみを確認するため、作業効率が向上し損失粗利の低減に寄与します。
  • 品切れチェック
    品切れとなった商品を検知し、リストを作成します。
    商品棚に商品が陳列されている状態を常に維持することで、機会損失を防ぎます。
  • 棚割自動登録(※)
    店頭に並んでいる商品の棚割情報を取得し、基幹システムに登録します。

    ※:実装予定

夜間に自動開始・自動終了

閉店後、設定した時刻に自動的にロボットが走行を開始します。
店内を自律走行しながら、棚をカメラが自動撮影し、即座にAIが画像解析を開始します。
撮影を終えたら、自動で保管場所に戻り、充電が開始されます。
これらすべてをロボットが自動で行いますので、複雑なオペレーションはありません。
自律走行
自律走行
障害物を自動で検知し、避ける
自動撮影
自動撮影
カメラが自動で撮影を繰り返す
AI解析
AI解析
画像を即座にAIが解析
自動充電
自動充電
終了後、自動で充電ステーションへ

アセスメントによる導入前の確認・試行が可能

導入前の検証としてアセスメントの実施が可能です。
ロボットを実際に店舗で走行させ、解析精度・業務効果を確認いただけます。
導入後は、運用・改善フェーズまで手厚くサポート致します。
アセスメントによる導入前の確認・試行

トピックス バックナンバー >

*Rinza、RinzaTalkは、日本ユニシス株式会社の商標または登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。