JP/EN

 

Foresight in sight

AI 自動発注 AI-Order Foresight

発注業務自動化により労働力不足を解消
小売店舗に関する販売実績・気象情報・企画情報などの各種データを元に、商品発注数を自動算出します。作業負荷や難易度の高い発注業務を自動化することで、小売店舗の業務効率化を実現します。
統計解析とAIを組み合わせることで高精度分析が短時間で実施可能となり、従来の自動発注システムでは精度面で実現困難だった日配品・生鮮品などの自動発注化が可能となりました。
また、従来の需要予測では欠かせなかったデータサイエンティストやアナリティクス組織による予測モデルの改善をAI-Order ForesightサービスのAI機能が代替実施するため、専門家を有さない企業でも予測精度の維持向上が可能となります。
AI-Order Foresight AI需要予測自動発注概要図

AI-Order Foresightの特長

POINT 1:全カテゴリでの自動発注
従来の自動発注システムでは困難だった日配品・生鮮品も分析可能です。
商品の欠品ロス・廃棄ロスの削減に繋げます。 店員の経験やスキルに依存しない自動発注を実現します。
POINT 2:日々の運用メンテナンスから解放
AIがデータサイエンティストに代わって発注精度を維持・向上させます。
従来のようにアナリティクス専門組織やデータサイエンティストは不要です。
POINT 3:運用支援サポートの充実
導入効果を事前に測定できるアセスメント・店舗PoCサービスをご準備しています。
導入後も精度・予測モデルを再検証する分析サービスをご提供します。
POINT 4:短期間で安価な導入
クラウドサービスでご提供可能なため、既存の発注システムと連携いただくだけで利用開始可能です。
システム運用の負荷も最小限に抑えます。

統計解析とAI技術の活用

統計解析とAI技術の組み合わせにより予測モデル・発注数を予測
基礎的な補充方式から高度な統計解析・AIを用いた予測方式により、精度維持・運用の負荷軽減を実現します。
販売数量予測、客数予測、PI値算出、最適発注数算出といった統計解析による予測から適切な予測モデル、発注数を算出します。また、予測結果をAIで自動チューニングすることにより精度の高い予測モデルを算出します。

事前検証から運用支援まで手厚いサポートを提供

導入前の事前検証フェーズから導入後の運用フェーズまで手厚くご支援しますので、安心して活用いただけます。
導入前はアセスメントサービス、PoCサービスによって効果を事前に確認してから、実際の発注業務へAI-Order Foresightを利用いただけます。導入後は運用支援サービスによって精度を見直すことで効果的に活用いただけます。
アセスメントサービス→PoC→サービス適用→運用→運用支援サービスをワンストップ
  • アセスメントサービス
    実データを参考に現在の発注状況を確認し、AOFサービス利用時の期待効果を確認するサービスです。
  • PoCサービス
    実験的に、AOFサービスを利用して発注に利用します。実際の発注を行う上で、問題がないかを確認するサービスです。
  • 運用支援サービス
    店舗を取り巻く環境は常に変化するため、リリース後も継続して精度向上、予測運用の最適化をご支援するサービスです。

運用支援サービス

導入後の発注精度維持・向上を支援
運用支援サービスとは、導入後も精度を維持して効果的にご利用いただくためのサービスです。
店舗を取り巻く環境の変化は日々変化します。環境の変化に応じた問題点の抽出・仮説検証の結果から、発注数算出に影響する新しい変動要因の追加検討をご提案します。
運用支援サービス:季節・特売情報・トレンド・気温→地域催事への変動要因

トピックス

*AI-Order Foresight、CoreCenterは、日本ユニシス株式会社の登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。