JP/EN

 

Foresight in sight

2019年度トラッキング付非化石証書の販売にかかる実証実験

2019年度 FIT非化石証書のトラッキングにかかる実証実験を行います。

●先着順リストの第一弾を公開しました。
 (申請受付期間4月25日 15時~4月26日15時)
  ※実証実験に参加登録している小売事業者にのみ公開しております。
●個別合意申請書のフォーマットを公開しました。
●事業者参加登録は受付を終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

先着順にて、トラッキング付非化石証書を希望される小売事業者は、発電所やカテゴリ(電源種別/地域)の指定がない場合でも、指定なしを選択して、申請書を提出するようにしてください。
申請書が提出されませんと、属性情報の割当ができず、トラッキング付非化石証書を発行することができませんので、ご注意ください。 
日本ユニシスは経済産業省の委託を受け、2019年度に販売される非化石証書について、環境価値の由来となった発電所を明らかにする取組を前年度に引き続き行います。この非化石証書を活用した電気を小売電気事業者が販売した場合、その電気は再生可能エネルギー由来として扱われ、需要家によるRE100の取組にも活用できます。

固定価格買取制度(FIT)対象の再生可能エネルギー電源の電気に対して証書を発行し、環境価値を取引する非化石価値取引市場が2018年5月に創設されました。小売電気事業者は非化石証書を購入することで、エネルギー供給構造高度化法に定められる非化石電源比率の目標達成に利用できます。また、非化石証書を組み合わせた電気は実質再エネ電気として需要家に販売することができます。
2019年2月には、非化石証書の環境価値の由来となった再生可能エネルギー電源を明らかにする実証実験を行いました。この非化石証書を組み合わせた電気を小売電気事業者が販売し、需要家が購入した場合、RE100※の取組にも活用できます。
2019年2月の実証実験には、多くの小売電気事業者及び発電事業者が参加し、環境価値の由来となった発電所を明らかにする仕組みが運用できることが確認されました。この実証実験の結果を踏まえ、制度の改善を図りながら、非化石証書の環境価値の由来となった発電所を明らかにする取組を2019年度も継続して行います。
※RE100は、英国のClimate GroupとCDPが実施する、事業運営に使う電気を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げるイニシアチブです。

今後、実証実験に関する情報は本サイトやメールマガジンにて配信して参ります。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

非化石証書実証実験

  • 実証への参加登録済で個別合意を実施する事業者は以下から申請書を入手してください。
    (4月26日 18時提出締切)

    個別合意申請書は、個別合意を行う事業者以外は記入/申請は不要です。
個別合意申請書

関連リンク

トピックス