JP/EN

 

Foresight in sight

非FIT非化石電源認定ポータルサイト

概要

小売電気事業者は、自ら供給する電気の非化石電源比率を2030年までに44%以上とすることがエネルギー供給構造高度化法(以下、高度化法)において求められています。
この目標の達成を後押しするため、非化石電源の持つ環境価値を証書化し、小売電気事業者が証書として調達可能とする非化石価値取引市場が2018年5月に創設されました。
現在、FIT電源に係る非化石証書について取引されており、非FIT非化石電源に係る非化石証書(以下、非FIT非化石証書)の発行についても、国の審議会において制度設計が進められています。
また、制度の運用にあたっては、非FIT非化石証書の信頼性を担保するため、国が非FIT非化石電源の認定、および非FIT非化石電源から発電される電力量の認定を行います※。
このため、非FIT非化石電源を保有されている発電事業者や卒FIT電気を買取る小売電気業者は、証書化するにあたって当該認定を受ける必要があります。今般開催する事業者説明会では、主に上記の事業者を対象とし、認定に係る必要な手続き等を案内致します。
 
※国が非FIT非化石電源の認定、および非FIT非化石電源から発電される電力量の認定を行いますが、認定業務の実務については、第三者の事業者を選定の上、国から業務委託することとされています。日本ユニシスは国の業務委託を受けて非FIT非化石電源に係る認定業務の実務を行います。

非化石電源認定手続き

  • 全事業者対象
    事業者登録、非化石電源登録は随時受け付けております。
  • 小売事業者対象
    電力量認定申請7月分を受け付けております。(9月30日までに下記より申請下さい ※1)
    ※1 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、上記期限迄の申請が難しいと見込まれる事業者につきましては、同期限以降の申請も受け付けます。
  • 発電事業者対象
    電力量認定申請7月分を受け付けております。(9月30日までに下記より申請下さい ※2)
    ※2 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、上記期限迄の申請が難しいと見込まれる事業者につきましては、同期限以降の申請も受け付けます。
※ご不明点がございましたら、下記より非FIT非化石認定業務事務局までお問合せ下さい。
   お問い合わせはこちらから>

参考情報