JP/EN

 

Foresight in sight

エネルギーソリューション

トピックス

「ENEX(エネックス)2020」 出展報告

ENEX2020「Enability < 環境価値(RE)× ERAB> 」
2020年1月29日(水)~31日(金) 東京ビッグサイトにて開催されました「ENEX2020」に、日本ユニシスのエネルギーマネジメントクラウドソリューション「Enability EMS」やERAB向け「リソース制御サービス」を出展しました。
展示ブース
展示ブース
再生可能エネルギーの普及に伴い需給調整への関心が高まっており、日本ユニシスでは、リソースの制御/VPP(バーチャルパワープラント)/アグリゲーションの実現に向けた各種エネルギーマネジメントサービス(EMS)の開発が進んでおります。

「脱炭素社会を目指したエネルギーマネジメント」が開催テーマとなる本イベントでは、事業者様のお役に立てる各種ソリューションを、デモンストレーションを交えてご紹介しました。

エネルギーマネジメントクラウドソリューション : Enability EMS(Enability Energy Management System)

IoTの進展により、エネルギーに関わるデータは多種に広がり、情報量は加速度的に増え続けています。Enability EMSは、各種デバイスから収集したデータを一元管理し、業務の効率化を支援します。
テナント検針サービスのデモンストレーション
テナント検針サービスのデモンストレーション
テナント検針サービスのデモ画面
テナント検針サービスのデモ画面

ERAB(エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス)向け「リソース制御サービス」への取り組み

再生可能エネルギーを有効活用し需給最適化を実現するため、需要・発電予測とエコキュート・蓄電池・EVの遠隔制御による自家消費やピークカットおよび群制御によるVPPを実現させ、ERABを支援します。
ERAB(エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス)向け「リソース制御サービス」への取り組み
その他、会期中はたくさんのお客さまにご来場いただき、「Enabilityシリーズ」をはじめ、再生可能エネルギー・非化石電源・自家消費などの脱炭素化を促進する「環境価値」の推進などご紹介しました。
ご説明の様子
ご説明の様子

開催概要

  • イベント名:ENEX2020 第44回地球環境とエネルギーの調和展(Energy and Environment Exhibition)
  • 会期:2020年1月29日(水)~ 31日(金)
  • 会場:東京ビッグサイト 南1・2ホール&会議棟
  • 主催:一般財団法人省エネルギーセンター
  • 来場者数:47,692名(3日間合計:同時開催点含む)

展示内容

関連リンク

*Enabilityは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。