JP/EN

 

Foresight in sight

クラウド型危機管理情報共有システム SAVEaid/セーブエイド®

市町村・災害対策本部の為のクラウド型防災情報システムです。

サービス概要

「SAVEaid/セーブエイド」とは?

SAVEaid ご紹介動画 13分47秒

災害時、想定外の問題が噴出するなか、行政機関は極めて重要な判断を求められます。「その時」本当に必要なことは正しい情報を共有し、速やかかつ的確に災害に対応することだと日本ユニシスは考えます。
情報を制するものが災害を制す、といわれる災害対策をICTのリーディングカンパニー、日本ユニシスが全く新しいクラウドコンピューティングサービスでサポートいあたします。

「いざ」というとき、すばやい状況把握と災害対応をサポートします。
『SAVEaid/セーブエイド』は、最も情報の錯綜が予想される発災直後の初動から応急期における災害対策をサポートします。職員の参集状況、避難所の運営状況、被害状況などをすばやく収集・見える化し、迅速な意思決定や効率的な災害対応を引き出します。本来やるべき災害対策業務に注力できるため、住民への正確ですばやい情報提供などが実現できます。

なにができるの?

災害時に重要な情報を一元化し、迅速で確実な対応を支援します。

基本サービス

【参集配備】
リアルタイム参集予測
いつ、どこに、だれが、の視点でリアルタイムな動態把握ができます。
また職員の安否確認もできます。
【避難所管理】
避難所運営状況を見える化
支所の被災状況や避難所の開設状況を速やかに収集・一覧化できます。
【被害情報】
被害の受付・依頼・対応を一元管理
被害を地図で見える化、一覧・集計し、対応の指示や分析・報告が行えます。
また都道府県向けに消防庁4号様式にあわせて被害を集計できます。
【対策本部】
意思決定に必要な情報を集約
地図を中心に、意思決定に必要な情報を一機能に集約。状況把握や対応の優先順位づけに役立ちます。

オプションサービス

【気象情報連携】
気象情報による自動配信機能
気象庁が発表する防災気象情報のレベルにより、職員に対して参集依頼/安否確認/情報伝達のメールを自動的に送信する機能です。
【備蓄管理】
一覧で把握できる備蓄管理
備蓄倉庫や避難所にある備蓄品を一覧で管理することができます。
備蓄品の入出庫や移動の管理ができます。
【設備管理】
地図上での視覚的な管理
防火水槽、消火器、防災無線スピーカーといった地域内の防災関連設備の情報を地図上で管理することができます。
【住宅地図ASP】
表札情報で、より詳細な地点把握を
地図は住宅地図ASPも選択可能。表札情報を元に、より詳細な地点把握が実現できます。

クラウド方式でご提供します

システムを持たない完全利用型で、高いコストパフォーマンスを発揮します。
現在、防災行政では、建物の耐震化や防災無線のデジタル化等、緊急の対応を要する事案が数多く発生しており、防災システムに十分な予算措置を行なうことが難しい環境にあります。クラウドなら、割り勘効果によるコスト抑制をはじめとしたさまざまなメリットを享受できます。すでに多くの市町村で防災システムに「クラウド」が選ばれています。

トピックス

*SAVEaid/セーブエイドは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。