JP/EN

 

Foresight in sight

システム基盤 AtlasBase®

サービス

MAJESTY・性能監視サービス

システムの性能でこんなお悩みありませんか?
システムの性能でこんなお悩みありませんか?(基幹システムの性能劣化、ECサイトの処理遅延、DWHシステムのレスポンス問題、開発での性能目標クリアできない)。MAJESTY・性能監視サービスが解決します!

MAJESTYとは

MAJESTYはデータベース性能可視化ツールです。

性能で最も問題となりやすい、データベースの設計・開発・運用の各場面で効果を発揮します。

最新技法(アクセス・パターン分析)により、データベース全体を俯瞰、データベース設計に費やす時間と工数を大幅に削減。更に、インデックス設計の自動ガイド機能により、複雑な作業を飛躍的に効率的に進めることが出来ます。

MAJESTY の役割及び機能を分かりやすく約4分の動画で紹介します 4分23秒

MAJESTYの先進的なテクノロジーをご確認ください。さらにMAJESTYを知りたい方向けに、約9分の完全版動画もご用意しています。


約9分の完全版動画はこちら(YouTubeサイトへ移動します) >

MAJESTY・性能監視サービスの特長

アクセスパターン分析(日本、米国、欧州特許取得)

  • 従来主流のSQL単位の性能分析では、数が多くて見切れないため、優先順位をつけて極一部のみの分析が限界であるが、アクセスパターン(検索条件の組合せ)単位でグルーピングし、性能分析および対策検討が可能。
  • インデックス設計はアクセスパターン毎のため、アクセスパターン毎の分析はSQL単位の分析よりも合理的。
  • 影響範囲の見極めが容易であり、全体最適なインデックス定義が可能。
MAJESTY・性能監視サービスの特長 アクセスパターン分析(日本、米国、欧州特許取得)イメージ

性能問題の特徴と、考慮すべきポイント

  • 性能問題はいつでも起こる可能性がある
    データ量やデータ分布の変化が性能遅延の原因となり得るため、ある時点で問題がなくても、新たな性能問題発生のリスクが継続的にある。
  • 本番稼働後、後工程になるほど対応コストが大きくなる
    受入テストや本番稼働後のシステムに性能問題が発生すると、その原因分析や対応に開発中よりも多くの時間やコストがかかる。
  • ラッシュテスト対象機能以外は、性能問題の検知が漏れやすい
    高負荷での性能テストは主要機能に限定されることが多い。そのため、その他の機能の性能問題は、本番稼働後まで顕在化しないリスクがある。
性能問題は継続的・広範囲に検知し、早期に是正することが望ましい

MAJESTYを活用した性能監視サービスの概要

MAJESTYが出力する性能状況基礎データを、日本ユニシスの性能エキスパートが評価、分析しレポーティングするサービスです。

独自機能を持つ性能監視ツール「MAJESTY」の活用により、これまで技術的、コスト的に実現難度の高かった性能問題の「継続的、広範囲、早期検知・是正」が現実的になりました。
  • システムの全機能を俯瞰してDB性能を分析
  • SQL単位ではなくアクセスパターン毎の高効率な分析
  • DB性能の状態や傾向を継続的に把握(単体テスト ~ 本番稼働後)
  • 性能劣化の予兆を検知して先見的に対策可能
  • 性能コンサルが開発した正確で高い信憑性の解析エンジン
MAJESTYを活用した性能監視サービス 全体図(MAJESTYが出力する性能状況基礎データを、日本ユニシスの性能エキスパートが評価、分析しレポーティング)

MAJESTY・性能監視サービスの提供フロー

MAJESTYの導入からレポート作成、報告までを提供します。
MAJESTY・性能監視サービスの提供フロー

分析レポート

総評・推奨アクションサマリ
「テーブルアクセス分析」、「SQL実行統計分析詳細」、「アクセスパターン詳細分析」など多面的な分析の結果を分析結果サマリーとしてまとめています。また、性能改善のための推奨アクションもサマリとして提示します。
総評・推奨アクションサマリ サンプル
テーブルアクセス分析・ランキング
テーブル単位で性能状態を分析します。処理時間、実行数、CPU使用時間の観点で、性能の状態を分析し評価・解説します。
テーブルアクセス分析・ランキング サンプル
SQL実行統計分析
SQL単位で性能状態を分析します。処理時間、実行数の観点で、性能の状態を分析し評価・解説します。
SQL実行統計分析 サンプル
DB使用状況の傾向分析
SQLの実行状態やアクセス傾向を時系列分析し、傾向から読み取れる性能問題の兆候について解説します。
DB使用状況の傾向分析 サンプル
アクセスパターン詳細分析
テーブル毎の全アクセス条件を把握できます。
アクセス条件とひもづけて性能の状況を把握することが可能です。
アクセスパターン詳細分析 サンプル
最適インデックス設計・改善策
現時点の実行数、処理時間、インデックス評点等を加味して、全体最適となるインデックス案を提示します。インデックス変更時の影響分析情報も含みますので、すぐに改善アクションに繋げられます。
最適インデックス設計・改善策 サンプル

MAJESTY・性能監視サービス ライセンス体系・価格

商品 メニュー 数量・単位 価格(円)
MAJESTY 3ヵ月ライセンス
(基本分析レポーティングセットのみ販売可)
1インスタンス 1,000,000
年間ライセンス(MLE1) 1インスタンス お問い合わせください
年間ライセンスパック(MLE10) 10インスタンス お問い合わせください
サイトライセンス(MLE) 無制限 お問い合わせください
性能監視サービス 基本分析レポーティング 20テーブル 1,050,000
追加10テーブル分析レポーティング 10テーブル 400,000
 

*AtlasBaseは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。