JP/EN

 

Foresight in sight

情報セキュリティサービス iSECURE®

長年のシステムインテグレーター経験を生かし、バランスの良いセキュリティ対策を提案
withコロナ時代のテレワーク急増でリスク拡大のサイバー攻撃、セキュリティ対策は経営上の重要な課題のひとつとなりました。またIoTやクラウドの普及などにより、新しい脅威が台頭しています。いまやセキュリティ対策は、システムの防御策だけではなく、サイバー攻撃を受けた後の対策も必要です。そのためには、インシデント発生時の対応・復旧まで視野に入れた体制作りが必須です。金融機関をはじめ、幅広い業界でセキュリティ対策に従事してきた日本ユニシスが、ビジネスや業態に合わせて、適切なセキュリティ対策をワンストップで提案します。

【エンドポイント運用監視サービス】

デバイスからクラウドまでを保護するエンドポイントセキュリティの運用負荷が課題となります。
エンドポイントへのエージェントの導入から運用サービスの提供までワンストップで支援します。

エンドポイント運用監視サービスの詳細はこちらから >

【クラウド態勢監視サービス】

誰でも簡単に利用できる等のクラウドのメリットがかえってセキュリティ事故を引き起こすケースがあります。
クラウドのリソースを可視化し、コンフィギュレーションやコンプライアンスの問題がないかを監視します。

クラウド態勢監視サービスの詳細はこちらから >

トピックス バックナンバー >

セキュリティ管理の強化

日本ユニシスグループのセキュリティサービスは、現状のセキュリティ実装・運用の評価、見直しなど、さまざまな角度からセキュリティに関する課題解決を支援します。
iSECUREのコンサルティングサービスは、アセスメント、CSIRT構築支援、ポリシー見直し支援、脆弱性診断、PCI DSS準拠支援で課題解決します。
セキュリティサービス:アセスメント、CSIRT構築支援、ポリシー見直し、脆弱背診断、PCI DSS準拠支援

セキュリティ実装・運用の強化

セキュリティ実装・運用の強化:セキュリティプロダクト

課題別シーン

標的型攻撃
サイバー攻撃に備え、入口対策、内部対策、出口対策といった多段階のサイバーセキュリティ対策を組み合わせた多層防御が必要です。

詳しくはこちらから >

内部からの情報漏洩
様々なセキュリティ対策を施し、周知することで職員に不正行為の実施を踏み止まらせる事が重要です。

詳しくはこちらから >

マイナンバー
マイナンバーを取り扱う事業者は、情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の適切な管理することが求められます。

詳しくはこちらから >

法制度・ガイドライン
セキュリティ対策は、法制度やセキュリティ認証制度を取り入れ、継続的な改善が求められます。

詳しくはこちらから >

サービスメニュー

情報セキュリティコンサルティングから情報セキュリティ教育、セキュリティ運用・管理、情報セキュリティ対策等、お客さまのご要望に合わせた豊富なサービスを迅速・的確に提供します。

事例紹介

技術情報

日本ユニシスグループの取り組み

*iSECURE、U-Cloud @IPCPは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。