JP/EN

 

Foresight in sight

情報セキュリティサービス iSECURE®

iSECURE マネージド・セキュリティ・サービス

継続的なセキュリティ運用には高度な専門性が必要とされるため、企業内のリソースのみで対応することは、技術的にもコスト的にも困難となってきています。マネージド・セキュリティ・サービスでは、お客様の包括的なセキュリティ運用をご支援いたします。
企業を脅かすサイバー攻撃に対する内容を、ワンストップでご提供いたします。

クラウドサービス & DevSecOps

  • VUCAな時代において、市場のニーズや顧客の要求をキャッチアップし、迅速な判断とその実現がデジタルサービスには不可欠
  • 俊敏性を持ったデジタルサービスの提供にクラウド活用が広がる中で、責任共有モデルに対応すべく企業側でのセキュリティ対策が必要になる
  • さらにビジネス戦略をより早くより柔軟に実践するため、SIerに委託していた開発を自社で行う企業もみられ、高セキュリティな開発や運用が求められる

ゼロトラストネットワークアクセス

  • 働き方改革の機運の盛り上がりに加え、コロナ禍によって半ば強制的にテレワークを推進せざるを得ない状況になった
  • SaaSの利用により、企業内に存在していた情報が、企業の保護領域を超えて、インターネット/クラウドに保管されるようになった
  • つまり企業の情報もそれを利用する人も、セキュリティ信頼度の低いインターネットに存在することで、従来の境界防御に依ったセキュリティ対策では情報を守れなくなっている
  • 「Verify and Never Trust」(決して信用せず常に確認)をコンセプトとしたセキュリティ対策が求められる

エンドポイントプロテクション

セキュリティスペシャリストによる運用監視 および インシデント対応支援により、既知・未知のマルウェア、ゼロデイ攻撃からエンドポイントを守ります。
エンドポイントセキュリティ ソリューションの導入から運用までワンストップでご提供します。高度なエンドポイントセキュリティソリューションににより、マルウェア感染を未然に防御し、セキュリティ専門家の監視によりエンドポイント上で発生したリスクレベルの高いアラートを分析し、即時に運用担当者へ通知するサービスです。
  • 標的型攻撃やランサムウェアによる被害は依然として続いており※、最後の砦としてのエンドポイントセキュリティは重要
  • そのような中において、コンピュータ端末がセキュリティ境界を超えて利用されるので、より精緻な対策が必要となる
  • マルウェア等の感染防御はもとより、感染・被害を極小化するために不審な振る舞い見極める運用監視を含めたマネージド・エンドポイントプロテクション
エンドポイントプロテクション

*iSECUREは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。