JP/EN

 

Foresight in sight

トピックス

2020年10月5日

「CEATEC 2020 ONLINE」出展のご案内


 CEATEC 2020 ONLINE 公式Webサイト
 
 日本ユニシスは、2020年10月20日(火)~23日(金)に開催される「CEATEC 2020」に出展いたします。今年はCEATEC初のオンライン開催となります。

当社はグループのもつデジタルの力をパートナーや外部サービスの力と結びつけ、ビジネスエコシステムを形成し、ビジネス・プラットフォームを提供します。経営課題と社会課題を乗り越え、ワクワクする未来へ共に向かいます。
「Foresight in sightービジネスエコシステムで、持続可能な世界へー」をテーマに、社会課題の解決と“SDGs”の目標達成を目指した取り組みをご紹介します。ぜひご覧ください。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。


開催概要


  • イベント名: CEATEC 2020 ONLINE
  • 日時:2020年10月20日(火)~23日(金)
  • 参加費:事前登録制無料
  • 詳細・お申込みはこちらから CEATEC 2020 ONLINE 公式Webサイトへ

展示


  • 展示エリア:企業エリア
  • 展示内容:
  1. “画像解析×教育”、AIで授業改善を支援する「授業アクティブ度把握システム」
    ビデオで撮影した授業映像から、児童生徒の姿勢・表情を画像AIで分析します。教育データの利活用など授業のあり方も変化する中、授業の様子を数値化・可視化し、先生の指導改善やスキルアップを支援するサービスです。
  2. 設備点検業務の50%以上の作業工数を削減する「まるっと点検」サービス
    まるっと点検は、「アナログ作業のデジタル化による業務効率向上」「人材の高齢化による人手不足の解消」「新人作業員への技術継承」などの設備点検業務で顕在化している課題解決を、IoTデバイス・タブレット・ウェアラブルデバイスを活用して実現します。
  3. 新しい小売業のあり方「ラウンダー活用型省人店舗」サービス
    労働力不足や業種を超えた競争の激化など、社会や市場の変化に対応が求められる小売業。お客様に新たな購買体験を提供するとともに、店舗運営業務の省力化を図る「ラウンダー活用型省人店舗」の取組みをご紹介します。
  4. 工場の故障を未然に防ぐ設備保全「VibSign」サービス
    工場設備向け不具合予兆検知サービス 「VibSign」は、さまざまな回転機械のベアリングの故障予兆検知をAIとIoTセンサーで可能にし、工場設備の突発的な停止をいち早く防止し、計画的なメンテナンスを実現します。
  5. 橋梁劣化をAIが自動判定!「Dr.Bridge」サービス
    日本には約70万もの橋梁があり、老朽化が深刻な課題になっています。専門技術者が不足する中で生まれた、誰でも診断ができる革新的なサービス「Dr.Bridge」をご紹介します。
  6. 電子チケット流通サービス『Kimaticke(キマチケ)』
    お店⾃らが「モノ商品」や「コト商品」の権利証(電⼦チケット)を⾃由に組み合わせて、安⼼・安全に発⾏することができます。お店での利⽤から⼈から⼈へのチケット譲渡まで、チケットを起点としたデジタル流通の仕組みを提供します。
  7. オンプレミスからクラウドまでプラットフォーム不問「データ活用基盤サービス」
    激しいビジネス環境の変化に対応するには、分断されたデータをつなぎ、最適解を求め続けることが不可欠です。日本ユニシスのデータ活用基盤サービスは、データの「収集」「蓄積」「分析」「活用」を通じてお客様の最適解発掘をお手伝いします。
  8. AI顧客データ分析サービス「RinzaTarget」~顧客行動データを活用して”顧客”から”ファン”へ!~
    プロモーション施策のためのデータ活用を検討される方向けのソリューションです。これまで気づかなかったファン層の発見や、適切なタイミングやコンテンツで「ファンを作り出す」施策実行を支援する、顧客行動データ分析サービスをご紹介します。
  9. 従業員エンゲージメント向上サービス「RinzaTalk」「LearningCast」
    デジタル空間を活用して、従業員エンゲージメント向上・業務のDX化を、以下のサービスで支援致します。
    • eラーニング/動画/情報配信サービス「LearningCast」
    • AIを活用した社内問合せ業務自動化サービス「RinzaTalk」
    • 顧客アンケートなどの分析「顧客の声分析サービス」