JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
トマス杯・ユーバー杯2008 結果報告
2008年5月11日-5月18日開催

5月11日〜18日、インドネシアのジャカルタにおいてトマス杯・ユーバー杯2008が開催されました。
トマス杯・ユーバー杯は、サッカーのW杯に匹敵するバドミントンの国別対抗世界選手権です。
この大会に日本ユニシスからは、男子ダブルスの坂本修一・池田信太郎組と女子シングルスの平山優選手が、日本代表として参加しました。

試合はシングルス3戦、ダブルス2戦の計5試合で団体の勝敗を決めます。
男子チームはニュージーランド、デンマークと、女子チームはオランダ、インドネシアとグループリーグを戦い、男子はグループ2位、女子はグループ3位で決勝トーナメントへと進出しました。

男子チームの決勝トーナメント1回戦の相手はドイツ。
第1シングルスを取った後、第1ダブルスに坂本・池田組が登場。
第1ゲームは序盤リードしながらもドイツペアに逆転を許し、続く第2ゲームは取り返しファイナルへともつれこみます。
しかし第3ゲームは、一進一退の末に連続ポイントを許してしまい敗戦。
続く第2シングルスも取られ後がなくなった日本チームですが、第2ダブルス、第3シングルスと日本チームが層の厚さを見せて逆転勝ち。2回戦へと進出します。
坂本修一・池田信太郎
坂本修一・池田信太郎
平山 優
平山 優
2回戦の相手は強豪マレーシア。坂本・池田組は、第1ダブルスとして出場しますがストレートで敗れ、日本チームも0-3で敗退。前回のトマス杯2006と同じベスト8で大会を終えました。

女子チームの決勝トーナメント1回戦の相手はマレーシア。
第1シングルス、第1ダブルスともに敗れ、第2シングルスに立った平山優選手が何とか一矢報いようとファイナルに持ち込む粘りを見せましたが、最後は競り合いから振り切られ敗戦。無念の1回戦敗退となりました。


【トマス杯】
決勝トーナメント2回戦
日本 0-3 マレーシア
佐藤 翔治 0 10-21
16-21
2 LEE Chong Wei
坂本 修一
池田 信太郎
0 13-21
11-21
2 KOO Kien Keat
CHOONG Tan Fook
田児 賢一 0 13-21
18-21
2 WONG Choong Hann
舛田 圭太
大束 忠司
- - - NGENSRISUK Phattapol
ANUGRITAYAWON Songphon
遠藤 大由 - - - PRAPAKAMOL Sudket

決勝トーナメント1回戦
日本 3-2 ドイツ
佐藤 翔治 2 19-21
21-17
21-5
1 ZWIEBLER Marc
坂本 修一
池田 信太郎
1 19-21
21-17
16-21
2 KUNDERVATER Ingo
HOPP Kristof
佐々木 翔 0 12-21
16-21
2 DOMKE Dieter
舛田 圭太
大束 忠司
2 22-20
21-18
0 SPITKO Roman
FUCHS Michael
田児 賢一 2 21-19
21-15
0 REUTER Marcel


【ユーバー杯】
決勝トーナメント1回戦
日本 0-3 マレーシア
廣瀬 栄理子 0 17-21
18-21
2 WON Mew Choo
末綱 聡子
前田 美順
2 15-21
18-21
0 LIM Pek Siah
WON Pei Tty
平山 優 1 15-21
21-10
19-21
2 JULIA Wong Pei Xian
潮田 玲子
内藤 真実
- - - CHIN Eei Hui
NG Hui Lin
今別府 香里 - - - LYDIA Cheah Li Ya



* 関連リンク
Thomas and Uber Cup 2008(Thomas Cup)
Thomas and Uber Cup 2008(Uber Cup)


TOP