JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • 試合結果
YONEX OPEN JAPAN 2008 準々決勝結果報告 
2008年9月16日-21日開催

9/16−21、東京体育館において開催されたスーパーシリーズ「YONEX OPEN JAPAN 2008」。
9月19日(金)、日本ユニシスから出場している坂本修一・池田信太郎組(世界15位)の準々決勝が行われ、インドネシアペアと1点を争う熾烈な戦いを繰り広げましたが、1-2で惜しくも敗れました。

準々決勝レポート
2回戦レポート
1回戦レポート
予選1回戦レポート
対戦結果
YONEX OPEN JAPAN 2008 オフィシャルサイト

坂本・池田組の相手はシード選手を破って勝ち上がってきたインドネシアの若手ペアSEPTANO Bona / AHSAN Mohammad 組(44位)。

第1ゲーム、立ち上がり硬さが見える坂本・池田組は受け身にまわってしまい2-11と一方的にリードを許してしまいます。終盤なんとか追い上げますが、序盤の失点が響き、15-21で落とします。

第2ゲームに入るとようやく攻撃がかみ合い、19-14とリードしますが、そこから連続ポイントを許して追いつかれ、ジュースになるも22-20で振り切り、ファイナル勝負へと持ち込みます。

第3ゲームは、坂本・池田組のリードで前半を折り返しますが、中盤からはめまぐるしくリードが入れ替わる大接戦。迎えた18-18から坂本・池田組がチャンスを決めにいったスマッシュが3本続けて拾われ、逆に相手のポイントになって18-19。
相手にマッチポイントをつかまれた後も1点差に追い上げますが、最後は池田選手の返球がサイドを割って惜しい敗戦となりました。

最終的にベスト8に終わりましたが、オリンピック明けの緒戦、“この大会をあらたなスタートとし、調子を上げていきたい”と2人は語っており、日本リーグ、全日本総合での活躍を期待したいと思います。

大会期間中、熱い声援を送ってくださった皆様、ありがとうございました。

坂本修一
坂本修一
池田信太郎
池田信太郎



【男子ダブルス】
準々決勝 坂本 修一
池田 信太郎
1 15-21
22-20
19-21
2 SEPTANO Bona
AHSAN Mohammad
(インドネシア)
2回戦 坂本 修一
池田 信太郎
2 21-17
21-7
0 数野 健太
早川 賢一
(日本大学)
1回戦 坂本 修一
池田 信太郎
2 21-16
21-18
0 平田 典靖
黒瀬 尊敏
(トナミ運輸)
数野 健太
早川 賢一
(日本大学)
2 18-21
21-17
21-19
1 川口 馨士
川前 直樹
(NTT東日本)


【男子シングルス】
1回戦 池田 雄一 1 21-18
17-21
13-21
2 SUGIARTO Tommy
(インドネシア)


【女子ダブルス】
2回戦 野尻野 匡世
栗原 文音
0 13-21
13-21
2 赤尾 亜希
松田 友美
(ヨネックス)
1回戦 野尻野 匡世
栗原 文音
- 棄権 - 伊東可奈
(ヨネックス)
内藤真実
(日本体育大学)


【女子シングルス】
1回戦 平山 優 1 16-21
21-8
20-22
2 WONG Mew Choo
(マレーシア)
予選1回戦 野尻野 匡世 1 15-21
21-11
14-21
2 垣岩 令佳
(NEC SKY)
栗原 文音 0 12-21
18-21
2 Yuswandari Aprillia
(インドネシア)



* 関連リンク
・YONEX OPEN JAPAN 2008 オフィシャルサイト
・tournamentsoftware.com

TOP