JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • トピックス
第62回全日本総合バドミントン選手権大会 入賞者インタビュー
数野健太、廣部好輝、小宮山元、池田雄一




    ■数野健太 (早川賢一選手・日本大学4年、2009年度入社内定者との男子ダブルスで準優勝)

−− :
男子ダブルスで準優勝おめでとうございます。現在のお気持ちは?
数野 : 今大会はとりあえずベスト4以上の成績を残すことが自分にとっての目標だったので、 準優勝という結果は素直に嬉しいです。
−− : 準決勝の舛田・大束組(トナミ運輸)との対戦は劇的な勝利でしたね。
(第1ゲームを失い、第2ゲーム後半から挽回し逆転勝利)
数野 : 正直、準決勝は勝てるとは思っていませんでした。試合の中盤まで相手のペースでしたし、点数も離されていたので。
ただ、途中から無理をせずとりあえずミスしないようにプレーを心がけたのが良かったのだと思います。
−− : 決勝戦はチームの先輩である坂本・池田組との対戦でしたが、どのように挑まれましたか?
数野 : とりあえず気持ちで引いてしまうと、手も足も出ないことは最初からわかっていたことなので、出だしからどんどん攻めて相手にプレッシャーを与えていこうと思いました。
−− : 1-2で敗戦となりましたが、坂本・池田組を最後まで苦しめました。
今大会を通しての収穫と反省点は?
数野 : 収穫は自分たちが攻めている場面、状況が優位な場面であれば上の人たちにも通用することがわかったことです。
反省点は逆に自分たちが守っている場面、レシーブの時のミスが多いことです。
もっと守備的な場面での技術を磨かなくてはいけないと感じました。
−− : 今後の目標をお聞かせください。
数野 : 池田・坂本組や舛田・大束組のように海外でもしっかり戦えるような選手になること。
今回、準優勝という成績を残すことができましたが、自分自身まだまだ二組との技術的な差を感じてます。これからは一日でも早く二組に追いついて、海外でも活躍できるようになりたいです。
また、国内では日本リーグがあるので、チームが優勝できるよう、またしっかりチームに貢献できるよう一生懸命頑張りたいと思います。
−− : 応援してくださった皆さんに一言。
数野 : 今回、このような成績を残せたのも応援してくださった皆様のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。
数野健太
数野健太
数野健太・早川賢一
数野健太・早川賢一

表彰式にて。坂本修一・池田信太郎・数野健太・早川賢一

    ■廣部好輝 (小宮山元選手との男子ダブルスで第3位・金森裕子選手と混合ダブルスで準優勝)

−− :
男子ダブルスで総合初の3位入賞おめでとうございます。現在のお気持ちは?
廣部 : 過去3年間ベスト8だったのでとてもうれしいです。
−− : 昨年のリベンジが果たせましたね。
(昨年は、ベスト4入りを賭けた川口・川前組との対戦で敗退)
廣部 : 昨年はもう少しのところで負けてしまって悔しい思いをしたので、同じ相手に勝ててよかったです。
−− : 準決勝では、坂本・池田組に敗れました。何が足りなかったのでしょう?
廣部 : 総合の準決勝という舞台で実力を出し切れる精神的な強さと、日頃練習をしていて手の内を知り尽くしているため、勝つための戦術面で特に差を感じました。
−− : 混合ダブルスでも準優勝と大活躍でしたね。
廣部 : 混合ダブルスはシードもなかったため組み合わせにも恵まれたところもありましたが、 後衛でカバーしながらシャトルをつなぐことがうまくできたことがよかった点だと思います。
−− : 今年は社会人選手権で優勝、総合で3位入賞と結果を残せてきましたが、大躍進の理由は?
廣部 : いい練習相手やスタッフ陣に恵まれて、質の高い練習ができたことで、自信を持って試合に臨めたことがよかったと思います。
−− : 今後の目標をお聞かせください。
廣部 : 今まで同様、チームが団体戦で勝つことを一番に考えていきたいと思います。
−− : 応援してくださった皆さんに一言。
廣部 : これからも日本ユニシスチームの応援をよろしくお願いします。

廣部好輝
廣部好輝

ベスト4進出決定の瞬間
ベスト4進出決定の瞬間


    ■小宮山元 (廣部選手との男子ダブルスで第3位・浅原さゆり選手と混合ダブルスで第3位)

−− :
男子ダブルスで総合初の3位入賞おめでとうございます。現在のお気持ちは?
小宮山 : とても嬉しく思います。しかし準決勝で、坂本さんと信太郎さんのペアに全く自分のプレーをさせてもらえなかったので、悔しさもあります。
−− : 準決勝(坂本・池田組戦)では、何が足りなかったのでしょう?
小宮山 : 経験、技術、メンタル、全部です。
−− : ベスト4入りを賭けた川口・川前組(NTT東日本)戦では圧倒的なパワーで制しましたね。
小宮山 : この大会が始まる前には組み合わせがわかっていたので、この一戦に向けてイメージを作ってきました。
試合前に相手がわかっている事で、自分の中で対策や戦術を前もって準備出来た事がとてもよかったと思います。
でも2セット目の最後は対策や戦術も忘れて、ただ全力でプレーしてるだけになってしまいましたけど。
−− : 混合ダブルスでも第3位と大活躍でしたね。
小宮山 : 混合ダブルスは、練習量も少なくコンビネーション的にはあまりよい方ではなかったのですが、パートナーと諦めずに試合が出来た事がよかったと思います。
−− : 今年は社会人選手権で優勝、総合で3位入賞と結果を残せてきましたが、大躍進の理由は?
小宮山 : チームのみんなとの練習です。
特に王偉コーチには自分と廣部はずっと一緒に練習してもらいました。
王偉コーチは、いつもどうしたら勝てるようになるかプランを考えてくれていて、本当にいいコーチだと思います。
今年の全日本総合で日本ユニシスのダブルスが上位を独占した要因も王偉コーチにあると思ってます。
−− : 今後の目標をお聞かせください。
小宮山 : 日本リーグ、全日本実業団の優勝を目指していきたいと思います。
−− : 応援してくださった皆さんに一言。
小宮山 : 今まで以上に頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

小宮山 元
小宮山 元

廣部好輝・小宮山元


    ■池田雄一 (男子シングルスで第3位)

−− :
総合初の3位入賞おめでとうございます。
現在のお気持ちは?
雄一 : とても嬉しいです!優勝を目指していたのですがなかなかベスト8以上にいけなくて悩んでいたので素直に喜んでます。
−− : ベスト4入りをかけた試合は1ゲーム失い、2ゲーム目も20-21と追い込まれてからの逆転勝利でした。
精神的にも追い詰められた中で、勝利の源となったものは?
雄一 : 応援ですね。チームや家族、知り合いの方々から頑張れっていつも励まされてたので試合中は思い出していました。
−− : チームメイトも必死に応援しました。耳に入りましたか?
雄一 : はい。あれがなかったら底力も出ていなかったです!
−− : 勝利の瞬間、涙されている姿が印象的でした。
雄一 : 今までの悔しさと勝ちたいと思う気持ちが強すぎて、終わった後は安心してしまい涙が出ちゃいました。
−− : 準決勝では優勝した田児選手(NTT東日本)に敗れましたが、今大会の収穫と反省点は?
雄一 : 反省点はベスト4までの試合内容です。そこをちゃんとしてればもっと課題が見えたと思います。
−− : 今後の目標をお聞かせください。
雄一 : チームの団体戦優勝です。
−− : 応援してくださった皆さんに一言。
雄一 : これからも日本ユニシスチームをよろしくお願いします!


・男子ダブルス優勝 坂本・池田組インタビュー
・第62回全日本総合選手権大会結果報告
・第62回全日本総合選手権大会大会アナウンス
池田雄一
池田雄一

ベスト4進出決定の瞬間


TOP