JP/EN

 

Foresight in sight

情報セキュリティサービス iSECURE®

お客様のビジネス基盤の安心のために、自社のセキュリティ取組みや豊富なSI経験を活かし、ワンストップでご支援します。

コンセプト

日本ユニシスは、社会の安全に貢献できるセキュリティインテグレーターとして、お客様のビジネス基盤の安全性をより高める高品質なサービスをご提供いたします。

課題別シナリオ

  • 標的型攻撃
    標的型攻撃などのサイバー攻撃に備え、入口対策、内部対策、出口対策といった多段階のサイバーセキュリティ対策を組み合わせた多層防御が必要です。
  • マイナンバー
    2016年1月から施行されます。従業員などのマイナンバーを適切に管理することが求められます。
 
  • 内部からの情報漏洩
    様々なセキュリティ対策を施し、周知することで職員に不正行為の実施を踏み止まらせる事が重要です。
  • 法制度・ガイドライン対応
    セキュリティ対策は、法制度やセキュリティ認証制度を取り入れ、継続的な改善が求められます。

サービスメニュー

情報セキュリティコンサルティングから情報セキュリティ教育、セキュリティ運用・管理、情報セキュリティ対策等、お客様のご要望に合わせた豊富なサービスを迅速・的確にご提供いたします。

事例紹介・関連情報

日本ユニシスグループの取組

1990年に「情報セキュリティ委員会」を⽴ち上げて以来、継続的に行っているセキュリティ対策の維持・強化の取り組みをご紹介します。

トピックス バックナンバー >

*iSECUREは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。