JP/EN

 

Foresight in sight

総合情報活用環境MAPPER®

製品一覧

OpenMAPPER® シリーズ

MAPPER® V12の新機能

  • Windows Server™ 2012、Windows Server 2012 R2稼働環境に対応します。
  • OCI接続(Oracle® Native接続)においてOracle 12cに対応します。
  • Unisys Graphical Interface(UGI)の最新版であるレベル5.5Aがバンドルされます。
  • インストール時にデータベースファイルのサイズを入力できるようになりました。
  • 機能拡張・命令の追加
    • RELRNMラン命令が新設されました。リネーム値とレポートの関連付けを解放することができます。
    • BFNラン命令で、データが見つからない場合に行き先ラベルを指定していなくても処理が継続するようになりました。
    • CALLラン命令でリネームレポートを受け渡しできるようになりました。
    • RSLT機能/RSLラン命令で、出力先ドロワの指定が可能になりました。
    • WATラン命令の待ち時間がミリ秒単位になりました(従来は秒単位切り上げ)。

MAPPER V11の機能(販売終了)

  • Windows Server 2008 R2稼働環境に対応します。
  • Oracle 11gに対応します。
  • COOLICE 2.1と同等の機能を「Webオプション」として提供します。MAPPER本体のオプションになります。
  • 最大使用者数が2,000ユーザに拡張されました。
  • シェアード・メモリの最大値が24GBに拡張されました。
  • ドロワ毎に格納できる最大レポート数が9,999に拡張されました。
  • ログファイルの保存場所が指定できるようになりました。
  • qs_infoファイルの正当性チェック
    MAPPER 停止時に作成される、次回高速起動のためのqs_info ファイルに対して、正当性のチェック機能が追加されました。 これにより、誤ったqs_info を使った起動が抑止されます。
  • 機能拡張・命令の追加
    • GUI命令で同時にオープンできるWindowハンドルの拡張(約2,000→約4,000)
    • TOT機能/TOTラン命令、SUBラン命令で、指定できるパラメタ数の拡張(32→80)
    • F機能/FNDラン命令で、Gオプション(逆方向の検索を実行)の新設
    • CBXラン命令で、Aオプション(自動送信機能)の新設
    • LSTラン命令で、Hオプション(横スクロール・バーを表示しない)、R(参照専用)の新設
    • MNUラン命令で、Aオプション(ホット・キー機能)の新設
    • WINラン命令で、Mオプション(画面サイズによりスクロール・バー表示)の新設
    • PCFラン命令で、ファイルサイズの取得が可能
    • LOGラン命令で、SUBオプション(サブルーチン・レベルのログの記録)の新設
  • Unisys Graphical Interface(UGI)の最新版であるレベル5.4Bがバンドルされます。
  • レベル11.1は、レベル10.1に対して、よりいっそうの安定化向上が図られています。

MAPPER V10の機能(販売終了)

  • Windows Server 2008(64ビットOS)、Windows Server 2008(32ビットOS)、Windows Server 2003
    (32ビットOS)稼働環境に対応します。
  • Oracle 10gに対応します。
  • COOLICE 2.1と同等の機能を「Webオプション」として提供します。MAPPER本体のオプションになります。
  • Apploadの効率改善
    Apploadユーティリティで単独指定のレポート、キャビネットを読み込む際の処理効率が改善されました。
  • Purgeランに、パーシャル・パージ完了後に続けてバックアップ先メディアを検証するオプションが追加されました。
  • MRI実行時のエラーがアプリケーション・ログに記録されるようになりました。
  • 機能拡張・命令の追加
    • ランで使用できる変数の最大数の拡張(500 → 999)
    • ランで使用できる変数の最大桁数の拡張(27,400 → 99,999)
    • CALLラン命令で保持されるレベルの拡張(9 → 40)
    • DRWラン命令にドロワの記述が入る変数を指定するフィールドの追加
  • Unisys Graphical Interface(UGI)の最新版であるレベル5.2がバンドルされます。
  • レベル10.1は、レベル9.1に対して、よりいっそうの安定化向上が図られています。

*MAPPERおよびOpenMAPPERは、Unisys Corporationの登録商標です。

*Oracleは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。