JP/EN

 

Foresight in sight

シンクライアント・ソリューション

Citrix®:XenApp® / XenDesktop®

クライアント仮想化の基本

一般的な3階層型システムのクライアントPCはFATクライアントと呼ばれます。その理由はクライアントPCには、OS(Windows®)がインストールされており、またMicrosoft® Officeやブラウザ(Internet Explorer)などのアプリケーション、さらにアプリケーションサーバと接続するクライアントモジュールがインストールされるなど、クライアントPC側のハードディスクに沢山のソフトウェアがインストールされているためです。  一般的なシンクライアントシステムでは、この3階層型システムのクライアントPCとWeb・APサーバの間にシンクライアントサーバが入ってきます。クライアントPC側にはシンクライアントサーバと接続する為の小さなプログラムのみがインストールされます。その他のプログラムはクライアントPC側にはインストールされません。代わりにシンクライアントサーバ上に仮想のクライアントPCが構成されます。つまり今までのFATクライアントにインストールされていたソフトウェアや機能は、この仮想クライアントに置き換わります。そしてこの仮想クライアントで生成された画像データが、ユーザの目の前にあるクライアントPCに送信され、クライアントPCからはキーボードとマウスの操作情報だけが、シンクライアントサーバに送信されます。

シンクライアントの種類 (各種クライアント対応:Citrix Receiver™)

クライアント仮想化では、小さなプログラムがクライアント側に入ります(シトリックスの場合、Citrix Receiver™)。このCitrix Receiver™とシンクライアントサーバが送受信するプロトコルをICAと呼びます。 このICAプロトコルは、「間引・差分・圧縮・暗号化」をしてデータの送受信を行いますので、狭帯域のネットワークでもパフォーマンス良く動作できます。またこのCitrix Receiver™は多くのプラットフォーム向けに提供されています。Windows®用だけでなく、シンクライアント専用端末向けや、iPad&iPhone、Android®向けもあり、タブレットやスマートフォンもシンクライアント端末として利用することができます。つまりiPadやAndroidタブレットの画面にWindows®画面やMicrosoft Excelを表示できると言うことです。

シンクライアントの種類 (Citrix社製品ベース)

シンクライアントには主にターミナル型と仮想ディスクトップ型が存在し、下記のような特長があります。

ターミナル型(Citrix XenApp)

【特長】
  • サーバOS上でクライアントAPが動作
  • 複数ユーザがクライアントAPを共有
  • サーバ上で実行されたAPの画面情報を
    クライアント画面へ表示
【メリット】
  • APのサーバ集約による管理性の向上
  • 統一したデスクトップ管理
  • 仮想デスクトップ型と比較するとユー
    ザセッションの集約率が高い
    →同時ユーザ接続数の拡大が可能
【用途】
  • タスクワーカによる統一されたデスク
    トップ使用

仮想デスクトップ型(Citrix XenDesktop)

【特長】
  • 仮想PCとクライアント端末は1対1で
    紐付け
  • クライアントOSを丸ごと仮想化
【メリット】
  • 使用状況に応じた柔軟なリソース割り当て
  • APの動作制限ほぼ無し
  • 物理PCと同等の自由度をユーザに提供
【用途】
  • ナレッジワーカによる多種多様な業務処理

*Windows、Internet ExplorerおよびMicrosoftは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

*iPadおよびiPhoneは、Apple Inc.の商標です。

*Androidは、Google Inc.の登録商標です。

*Citrix、XenApp、XenDesktopおよびXenServerは、Citrix Systems, Inc. の米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。

*HyperVisorは、International Business Machines Corporationの登録商標です。

*VMware は、米国およびその他の地域における VMware, Inc. の登録商標または商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。