JP/EN

 

Foresight in sight

UI/UXデザイン

コンセプト

最高に素晴らしいユーザーエクスペリエンスの実現にむけて。

Webユーザビリティ&デザイン

  • 日本ユニシスグループでは、単なるWebサイトの構築や画面デザインに留まらず、Webサイト全体をトータルに"デザインする(プロデュースする)"という意味で、「Webユーザビリティ&デザイン」を掲げています。
  • Webシステム構築だけでなく、ユーザビリティ、アクセシビリティ、デザインの要素を加えることで、お客さまにUX(ユーザエクスペリエンス)を実感いただくだけでなく、より満足度の高いWebサイトを提供することを目的としています。
Webユーザビリティ&デザイン概要図

ユーザビリティとユーザーエクスペリエンス

ユーザーエクスペリエンス(UX:User eXperience)

  • ユーザビリティの上位概念
  • ユーザーが真にやりたいことを「楽しく」、「面白く」、「心地よく」行える点を、機能や結果あるいは使いやすさとは別の“提供価値”として考えるコンセプト
ユーザーエクスペリエンス

The Elements of User Experience (Web UX 5階層モデル)

ユーザビリティ&デザインセンターでは、Jesse James Garrett※注2の提唱する「ユーザーエクスペリエンス実現のための5Planes Model」を継承し、ビジネス戦略から画面の表層デザインまでを5つのステップで段階的に実施することで高いユーザーエクスペリエンスをもたらすユーザーインタフェースの提供を実現します。
各ステップは各々密接に結びついているため、段階を飛ばしてユーザーエクスペリエンスを実現することは難しく、これらの段階を踏むことで、ユーザーニーズや目的などの抽象化(abstract)されたコンセプト(conception)を時間経過(time)とともに、具体化(concrete)させ、より満足のいくWebサイトを完成(completion)させることが可能になります。

※注2:Jesse James Garrett /ジェシー・ジェームス・ギャレット
ユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)のコンサルティング会社、アダプティブ・パス社の創設メンバーの一人でユーザーエクスペリエンスに関する彼の提案は、世界中の組織で採用されています。
Jesse James Garrettの提唱する「ユーザーエクスペリエンス実現のための5Planes Model」

ユーザビリティ・エンジニアリング・プロセス

ユーザビリティ・エンジニアリング・プロセスとは?

  • ユーザーインターフェイスを設計・開発する際に、ユーザビリティ要件を満たすために必要となる開発手法であり、さらにユーザーエクスペリエンスを実現するための開発プロセス
  • 特長
    • UCD(ユーザー中心設計)に従ったUI設計手法の取り込み
    • Web UX5階層モデルに分けたデザイン
    • ISEP(Information Services Engineering Process)※注3と連携
※注3:日本ユニシスで定義している、システム開発における開発標準プロセスです。

UCD (ユーザー中心設計)とは?

  • 製品を利用する人にとって使いやすく魅力的なシステムや商品をデザインするための手法
  • UCDは、これまで行われてきた技術中心、機能中心の製品づくりからそれを利用するユーザーを中心とした製品づくりを行うためのプロセスとして、1999年にISO13407(※2010年にISO9241-210に改訂)で国際規格化されたもの

UCDプロセスとタスク

UCDプロセスとタスク

ユーザビリティ・エンジニアリング・プロセス

ユーザビリティ・エンジニアリング・プロセス
ユーザビリティ・エンジニアリング・プロセスは、日本ユニシスの開発手法として、ユーザビリティを改善する各作業工程を定義したものであり、お客さまに作業手順をご理解いただくものです。

取り組みに記載しているサービスについては、ユーザビリティセンターが実施する作業を、一部もしくは複数組み合わせて、有償サービスとして、お客さま向けに提供しているものです。
  1. 現状調査
    現状調査の目的は、サイトの利用者が「誰か」を把握し、利用者は「いつ」「どんな環境で」「どのように」「何の目的で」サイトを利用しているのかを把握するためです。 現状調査の種類としては、下記の3つが代表的です。
    • Web上やセミナー等の来場者アンケート
    • フィールドワーク、エスノグラフィ(現場観察)
    • インタビュー
  2. 現状分析
    現状調査の結果から、対象者の行動や気持ち、ニーズ、希望などを抽出し、それを整理したうえで共通する項目を見つけ、そこから大きなニーズや目標、欲求などを類推します。
  3. ペルソナ作成
    システム利用者を想定した”ペルソナ”を作成し、その利用者がシステムで何をしようとしているか、またそれはどのようにおこなわれるかについて、”シナリオ”として作成します。
    • ペルソナ
      実在する人々についての具体的なデータをもとに作り上げられた架空のユーザー像
    • シナリオ
      ユーザーがそのシステムで何をしようとしているか、またそれはどのようにおこなわれるかといったことを物語風に記述したもの
  4. 要件抽出
    作成したシナリオから、以下の4つの作業を行います。
    • 必要なタスクの抽出(タスク分析)
    • ユーザー要望の洗出し(要件抽出)
    • コンテンツの再構成(コンセプトモデル作成)
    • 画面デザイン
  5. プロトタイピング
    紙を使った手書きのプロトタイプを使用して、実際のユーザーがどのように画面操作をするかをテストします。
  6. 評価
    最後にテストや評価を実施して、最初に設定した目的が達成されているかを評価します。
    評価方法としては、下記の4つの手法があります。
    • ユーザビリティテスト
      実際のユーザーに使用してもらうことで、使い勝手や操作性等を確認するテスト
    • ヒューリスティック評価
      ユーザビリティ専門家がユーザビリティのガイドラインに沿って行う評価
    • 満足度評価
      好感度、信頼感、見やすさ等に関する評価
    • ユーザー要件への達成度チェック
      ユーザー要件に対する達成度の度合いを確認

ユーザビリティ&デザインセンター

ユーザビリティ&デザインセンターのミッション

最高に素晴らしいユーザーエクスペリエンスの実現にむけて
をスローガンに2011年にユーザビリティの専門家集団として設立しました。
  • ユーザビリティエンジニア、およびB2C向けWebマーケティングスペシャリストとしてシステム開発に参画
  • ユーザー中心設計に基づく、エンジニアリングプロセスの遂行
  • パートナーのデザイン会社とのブリッジ役として、RIA ※注4などの新技術を駆使し、Webデザイン含めたトータルなサービスを提供
※注4:RIA(Rich Internet Applications)
ユーザーインターフェイスに各種技術を用い、単純なHTMLで記述されたページよりも操作性や表現力に優れたWebアプリケーションです。

機能と仕組み

社内の関係各部署、パートナ企業とも連携し、画面デザイン含めたWebサイト開発のトータルサービス提供します。
機能と仕組み

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。