JP/EN

 

Foresight in sight

企業情報

  • コラム[]
  • 歴史[]

Vision2030・経営方針(2021~2023)

Vision2030

「わたしたちは、デジタルコモンズを誰もが幸せに暮らせる社会づくりを推進するしくみに育てていきます」
Vision2030
日本ユニシスグループの進むべき方向性として、2030年にむけたVision2030を定めました。
この大切な地球、そしてそれを取り巻く宇宙を、今後100年、200年と続き、未来を担う世代に渡していくためのわたしたちの決意です。
実現に向けて、デジタルの力、テクノロジーの力を欠かすことはできません。
わたしたちは、テクノロジーの力で持続可能な社会の実現を可能にする、そのために、さまざまなサービス、プロダクト、企業、利用者をマッチングできるビジネスエコシステムやプラットフォームを、社会の共有財であるデジタルコモンズとして創造し、提供したいと考えています。

経営方針(2021-2023)

経営方針(2021-2023)
Vision2030の実現に向けて、基本方針を、2つの視点で定めました。
顧客の持続的成長に貢献する顧客DXの推進「For Customer」と、様々な業種業界のお客様、パートナーと共に社会課題解決を進める社会DXの推進「For Society」の2つの視点です。
デジタルトランスフォーメーションを推進するお客様のベストプラクティスを積み重ね、社会のためにデジタルトランスフォーメーションを推進し、社会全体を捉えた大きな枠組みで、お客様やパートナーと共にビジネスエコシステムを拡大してまいります。

基本方針 For Customer

基本方針 For Customer
価値創出力の強化を図り、社会的価値の創出を通じて顧客の持続的成長に繋がるDXを推進します。

基本方針 For Society

基本方針 For Society
多様な業界の顧客・パートナーとのリレーションシップやベストプラクティスを活かし、社会や地球全体最適で捉えたビジネス構想を実現します。

風土改革

風土改革
社会課題の解決、For Societyの実現に向けては、推進していく社員自らが「こうしたい」という強い想いをもつことが必要です。社員がイニシアチブを取って、社会に働きかけ、社会課題を解決したいと願う人や、その解決手段を持つ様々なステークホルダーを巻き込み、解決に向けてチャレンジしていけるよう、環境貢献やダイバーシティ&インクルージョンなど、さらなる風土改革を推進していきます。
TOP