JP/EN

 

Foresight in sight

課題解決を支援するデータ+AI Rinza®

データとAIを融合してビジネスを繋ぎお客さまの課題解決を支援
日本ユニシスグループは、多くの業種・業界の企業に対し、最適な技術を組み合わせて信頼性の高いシステムを提供しビジネスを支えてきました。これら企業内に蓄積されたデータは、日々の業務オペレーションを支えています。一方で、不確実性の高い現代社会では、企業は常に変化することを求められており、迅速な意思決定が重要な時代となってきました。
日本ユニシスは、長年蓄積した様々な業種業態の業務知見に根差したデータ分析技術と、データを安全に蓄積し繋ぐ技術を基に、その時々の意思決定を支援することで、企業の課題解決や新しい価値の創出を支援します。

サービスメニュー

日本ユニシス株式会社のデータ・AI利活用に関する知見をもとに、お客さまが意思決定に必要な情報を、マーケティング、顧客理解、業務オペレーションの分野で提供し、お客さまのビジネス課題を解決に導きます。

顧客データ分析サービス RinzaTarget >

RinzaTargetは、BtoC企業の顧客を「ファン」へと育成するため、マーケティングプロモーション戦略を支援するデータ活用手法とAIを使った顧客データ分析サービスです。
  1. 戦略立案支援サービス
  2. 分析環境+データ進化サービス
  3. 分析自動化サービス
 

AIを活用した業務効率化サービスRinzaTalk >

RinzaTalkは日本ユニシスの自然言語解析技術を応用し、人とAIが連携した新しい働き方改革を中長期的にサポートするサービスです。
  1. 人事・総務部門における問合せ対応
  2. BCP時における問合せ対応
  3. 経理部門における判定作業

事業創出・拡張のためのデータ活用支援 >

日本ユニシスはデータ活用において、DX推進者の事業創出・拡張を迅速化させるために新たな価値へとつなげるデータ活用プロセスを支援します。
  1. 日本ユニシスのデータ活用の特徴
  2. データデザインサービス

日本ユニシスグループのマーケティング、顧客理解、オペレーション最適化の歴史

日本ユニシスグループは、CoreCenterやダイレクトビジネスをはじめとする業務領域に強みがあり、小売りなどの消費者接点を持つお客さまのビジネスに寄り添ってきため、商品情報などの基幹システムや消費者接点となるECシステムなどに蓄えられたデータを基に、マーケティング、顧客理解などの知見が蓄えられてきました。
日本ユニシスのマーケティング、顧客理解、オペレーション最適化の歴史

事例

トピックス バックナンバー >

関連ソリューション

*Rinza、RinzaTarget、RinzaTalk、RinzaLabは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。