JP/EN

 

Foresight in sight

社会課題を解決するデータ+AI Rinza®

社会課題を解決するデータ+AI
Rinza
データとAIを融合してビジネスを繋ぎお客様の課題解決を支援
日本ユニシスグループは、多くの業種・業界の企業に対し、最適な技術を組み合わせて信頼性の高いシステムを提供しビジネスを支えてきました。これら企業内に蓄積されたデータは、日々の業務オペレーションを支えています。一方で、不確実性の高い現代社会では、企業は常に変化することを求められており、迅速な意思決定が重要な時代となってきました。
日本ユニシスは、長年蓄積した様々な業種業態の業務知見に根差したデータ分析技術と、データを安全に蓄積し繋ぐ技術を基に、その時々の意思決定を支援することで、企業の課題解決や新しい価値の創出を支援します。

サービスメニュー

日本ユニシス株式会社のデータ・AI利活用に関する知見をもとに、お客様が意思決定に必要な情報を、マーケティング、顧客理解、業務オペレーションの分野で提供し、お客様のビジネス課題を解決に導きます。
サービスメニュー

日本ユニシスグループのマーケティング、顧客理解、オペレーション最適化の歴史

日本ユニシスグループは、CoreCenterやダイレクトビジネスをはじめとする業務領域に強みがあり、小売りなどの消費者接点を持つお客様のビジネスに寄り添ってきため、商品情報などの基幹システムや消費者接点となるECシステムなどに蓄えられたデータを基に、マーケティング、顧客理解などの知見が蓄えられてきました。
ユニシスのマーケティング、顧客理解、オペレーション最適化の歴史

RinzaLab

RinzaLabは、お客さまのビジネスの課題解決をデータやAI技術で支援するために開設された場です。
テクノロジーによるデジタル化が急速に進む中、認識技術で今まで手に入らなかったデータの取得が可能になるとともに、クラウドやデータ連携システムにより、企業は多くのデータを手に入れることができるようになりました。また、これらのデータをもとに分析やAIを利用して企業の意思決定や業務のオペレーションの改善に役立つ情報を得ることができるようになりました。
例えば、より正確な需要予測で生産性を向上させたり、効果的なマーケティングや新たなサービス提案で新規顧客を獲得したりするなどが可能になります。
さらには、お客さま企業内に存在するさまざまなデータを分析し、AIや第三者データ、オープンデータを融合・活用することで、既存の枠組みに捉われない新しい発想や業種業界を超えたビジネスエコシステムの構築が可能になります。
日本ユニシスグループは、RinzaLabを通じて、お客様の課題解決をデータとAIでご支援します。
Community1
  • ディスカッション・ワークショップ
    データの利活用やAIの導入にかかわる、課題の定義や分析をワークショップ形式で体験。コミュニティを通じ、メンバー間の円滑な情報交換が可能になります。
Community2
  • 情報発信
    常に最新技術の動向をウォッチ、データの利活用、AIにかかわる最新動向や事例等を発信。海外を含む、AIベンチャー等のトレンド等を発信いたします。

事例

関連ソリューション

トピックス バックナンバー >

*Rinza、RinzaTalk、RinzaLabは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。