JP/EN

 

Foresight in sight

社会課題を解決するデータ+AI Rinza®

AIを活用した業務効率化サービス RinzaTalk®

AIをつかって、バックオフィス部門の問い合わせ対応時間削減!
RinzaTalk
これからの日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」、「働く方々のニーズの多様化」などの課題に対応するために、多くの企業が働き方改革を進めています。その中で人事・総務の現場においては、既存業務の業務効率化ができないと働き方改革を進められないという課題が散見されます。業務効率化を進める中で既存業務である定型的な問い合わせ対応を効率化することで、新しい働き方改革を戦略性をもって検討する業務へシフトできると日本ユニシスは考えています。

RinzaTalkの概要

RinzaTalkは日本ユニシスの自然言語解析技術を応用し、人とAIが連携した新しい働き方改革を中長期的にサポートします。RinzaTalkの導入により業務効率化することで、社員がより生産的なコア業務に携わる時間を増やし、お客様企業の持続的な成長に貢献します。
RinzaTalk概要

機能

  1. 自動応答
    ・文章を解析して学習データ(FAQ)から的確な回答を返すことで、社内の様々な問い合わせ業務に利用可能です。
    ・文章を解析して学習データ(ルール)から仕分け結果を返し、人が経験則によって判断する業務に利用可能です。
  2. 自然言語解析
    質問者ごとに表現の揺れがある問い合わせや社内用語・専門用語を使った問い合わせもRinzaTalkの学習機能により理解します。
  3. API連携
    自社システムとのAPIを使った機能連携が可能です。
  4. WEBチャット画面
    UI(ユーザーインタフェース)を開発することなく、すぐに自動応答サービスを立ち上げることができます。※2020年10月リリース予定
  5. 管理画面
    IT部門は全体の管理としてユーザー設定や利用状況確認、AIチューニングを実施できます。ユーザー部門は特別なIT知識がなくても、設定された権限に応じてデータの閲覧/更新が可能です。
RinzaTalk 機能:自動応答 問合せ、仕分け

導入/運用支援サービス

  • 顧客の声分析サービス
    問い合わせデータを可視化し、問合せ傾向の分類や分析を行います。
  • 適用診断サービス
    お客さま業務で蓄積されたデータを用いて、RinzaTalkの適用方法を具体的に検討し、AIチューニングを行います。
  • データ雛形提供サービス
    人事・総務の問い合わせ業務で、頻度の高い問い合わせデータの雛形を提供します。新型コロナウイルス関連の問い合わせも提供中、順次拡大予定です。
  • 精度向上アドバイスサービス
    データサイエンティストが利用状況を確認し、精度向上に向けたアドバイスを行います。
    ※2021年3月リリース予定
  • FAQ作成・更新サービス
    お客さま業務で蓄積されたデータを分析し、FAQ(よくある質問と回答)を作成・更新します。
    ※2021年3月リリース予定

RinzaTalk 導入フロー

業務効率化を中長期的に実現するためには、業務課題の整理・業務に適したAIチューニング・導入後のメンテナンスが欠かせません。RinzaTalkは次のようなステップを踏むことで、着実な業務効率化を実現し、これを繰り返すことで、社内の様々な部門における業務効率化を推進していきます。
RinzaTalk 工程:計画 適用診断 業務適用 評価

RinzaTalk ライセンス体系

ライセンス種別 利用用途
検証用ライセンス あらかじめ設定した期間内で検証を実施する場合
本番ライセンス 自社内でサービスを利用する場合
本番ライセンス(エンベデット) RinzaTalkの提供するAPIを用いた連携ソリューションを構築し、顧客にサービス提供する場合

日本ユニシスのRinzaLabをご紹介

トピックス

*Rinza、RinzaTarget、RinzaTalk、RinzaLabは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。