JP/EN

 

Foresight in sight

社会課題を解決するデータ+AI Rinza®

顧客データ分析サービス RinzaTarget™:プロモーション施策

RinzaTargetは、BtoC企業の顧客を「ファン」へと育成するため、マーケティングプロモーション戦略を支援するデータ活用手法とAI(機械学習)を使った顧客データ分析サービスです。​
当社の開発したデータ活用とAI(機械学習)活用によるデータ分析アルゴリズムを用いて、企業がもつ大量の購買データから顧客の心理的特性(サイコグラフィック)データを導出し、顧客データに付加します。そしてこの進化させた顧客データをもとに、購買動機や順序などを解き明かし、これまで気づかなかったファン層の発見や、適切なタイミングやコンテンツを考慮したプロモーション施策の実行へと促し、ファンの育成へとつなげます。​

サービス内容

  1. 戦略立案支援サービス
    事業や顧客構造をデータから把握し、プロモーション戦略および施策の立案を支援するサービスを提供します。
    プロモーションン業務とデータ分析スキルの両方を兼ね備えた人財が、マーケティングプロモーション戦略立案を支援します。
  2. セキュア分析環境+データ進化サービス
    顧客データをお預かりするために、安全、かつ数百億レコード以上の大量処理が可能なクラウド上の分析環境を提供します。
    また本環境上でお預かりした顧客データに対し、当社のデータサイエンティストが心理的特性(サイコグラフィック)データを付加し、データを進化させます。
  3. 分析自動化サービス
    継続的なプロモーション運用を行うために、データ分析ロジックの自動化や、分析結果の可視化画面を開発するサービスを提供します。
RinzaTarget

適用例

日本ユニシスは大日本印刷と、全国に店舗をもつスーパーマーケットやドラッグストアの顧客への販売促進キャンペーンを展開するサービス「スマートキャンペーン®」を運営しており、当サービスに対しRinzaTargetを提供開始しています。
RinzaTargetは、小売事業様ごとにキャンペーン応募情報や全国の店舗のID-POSデータなどを預かり、訴求対象とするセグメントの洗い出しや事業およびプロモーション実行結果の可視化を実現しています。
スマートキャンペーン

*Rinza、RinzaTarget、RinzaTalkは、日本ユニシス株式会社の商標または登録商標です。

*スマートキャンペーンは、大日本印刷株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

TOP