JP/EN

 

Foresight in sight

働き方改革 Connected Work™

お客様の働き方を「見える化」して、人と組織と企業を「つなぎ」、場所を超えて「広げる」ことで新たな働き方をご提案します。
日本ユニシスグループが目指す「働き方改革」は、「職種や立場、地域性や生活環境に応じて、各自が自分の仕事に誇りと満足を持ち、自己の成長と家族を守り社会に貢献する」働き方を実現することであると考えます。
働き方改革 Connected Workイメージ スマートワーク 新しい働き方のカタチ

社会とつながる働き方 Connected Work のコンセプト

日本ユニシスグループは、お客さまの働き方を「見える化して、つないで、広げていく」
見える化する(Visualization)
・既存業務を自動的に収集し、業務の流れ・時間・関係性を分析し、見える化します。
・現状とあるべき姿のギャップ分析を行うことができ、業務の改善と最適化を行うことができます。
つなげる(Connect Relations)
・見える化された情報から、業務に関連する人と組織の新たな関係性を導き出し最適化します。
・見える化した人・組織・企業の関係性から適切な企業間接点を構築します。
広げる(Expand Relations)
・新たな関係から人も企業も協働して業務の改善・自動化を実現し、最適な人材配置・協業企業の選択を実現します。
・協働する関係を職種や地域性・特性を考慮した多種多様な人・組織・企業に最適化して適用していきます。
日本ユニシスグループは、業務の効率化で生産性を向上するだけではなく、組織や企業間、そして社会とつながりAIと協働する新たな働き方の改革を推進します。
見える化、つなげる、ひろげる:デジタルトランスフォーメーションによる変革
お客様の課題解決で得た経験・ノウハウを踏まえて、これからのオフィスワークの業務効率化と自動化を実現するため、AIやRPAを始めとした、新たなソリューションを統合したサービス体系を提供し、働き方のデジタルトランスフォーメーションをConnected Workで支援します。

Connected Work ソリューションマップ

働き方改革 ソリューションマップ
ソリューションマップ

Connected Workの特長

働き方の変革には、新たな価値を生む時間を増やし、人材の確保などの質の高い働き方へのシフトと同時に業務の効率化とリスク低減が求められます。
それはオフィスだけでなく働く現場にも必要であり、現場においては安心・安全で信頼・寝室の高い作業やサービス向上が求められます。
Connected Work 特長イメージ

トピックス

*Connected Work、Rinza、mobiGate、U-Cloud、Uni-ContRact、LearningCast/ラーニングキャストは、日本ユニシス株式会社の商標または登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。