JP/EN

 

Foresight in sight

RPAソリューション

RPAの活用を促進するツールのご紹介

お客さまの企業がRPAを有効活用し、その適用領域を広げていくためのツールとして業務フローを可視化するプロセスマイニングツール『MeeCap®』とAI-OCRの『ABBYY® FlexiCapture®』をご紹介します。
お客さま企業のRPA適用領域の拡大による「生産性の向上による顧客満足度向上」、「従業員負荷の軽減」、「人財のシフトや有効活用」などに活用いただけます。
日本ユニシスではデジタルデータをベースに業種業態問わず、企業のバックオフィス業務(経理、総務、購買など)やフロント業務(営業支援業務)など様々なシーンでRPA化をご支援します。

MeeCap、ABBYY FlexiCapture ご紹介

  • MeeCap
    MeeCapは社員のキーボード操作、マウス操作など全ての操作ログ、画面イメージを記録し、業務の可視化を行うプロセスマイニングソリューションです。
    また、MeeCapのHappyPathは「繰り返し作業」などを抽出し、RPAにより自動化すべき業務プロセスを分析します。
  • ABBYY FlexiCapture
    ABBYY社のFlexiCaptureは請求書などの紙の情報を自動的にデジタル化するAI-OCRです。
    準構造文書(請求書、注文書、契約書など)、非構造化文書(Eメールなど)でも活用でき、UiPathと組み合わせることで紙データの利活用を促進することができます。
MeeCap、ABBYY FlexiCapture ご紹介
  • MeeCap + UiPathを使用することにより企業における業務プロセスを可視化し、RPA化の対象領域を明確化し業務選定を容易にしRPAによる業務効率化を促進できます。
  • AI-OCR + UiPathにより、紙(帳票)データのデジタル化を促進し、データの有効活用により従業員の生産性向上、企業の競争力向上に貢献します。
日本ユニシスは、企業におけるRPAの有効活用のためのサービスを今後も継続してご提供いたします。

関連リンク

*UiPathは、UiPath社の登録商標です。

*MeeCapは、MeeCap社の登録商標です。

*ABBYY、FlexiCaptureは、ABBYY Software Ltd.の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。