JP/EN

 

Foresight in sight

RPAソリューション

ソリューション・ツールのご紹介

ツールで、サポートで、さらに広がるRPAソリューションの可能性
スモールスタートが可能なだけでなく、さらに高度な運用や適用領域の拡大にもスムーズに対応する優れたRPAソリューション「UiPath」。これに組み合わせて利用したいのが、RPA適用領域を拡大する2つのツールと、RPAの運用負荷を軽減する運用サポートサービスです。

MeeCapは、業務プロセスの可視化や、RPA化の対象領域の明確化で業務効率化を促進。ABBYY FlexiCaptureは、紙(帳票)データのデジタル化を促してデータをより有効活用できるようにすることで、生産性向上や企業の競争力向上に貢献。そして、日本ユニシスのRPA運用サポートサービスは、RPAの利用拡大や全社展開を強力に促進します。
図をクリックで拡大表示
RPA運用サポートサービスの詳細は こちらから >
 
RPAの活用事例、連携ツールの詳細情報をご希望の方は

UiPath

基軸となるRPAソリューション「UiPath」
  日本ユニシスは「UiPath」の認定パートナーです。
UiPathとは
世界のトップRPAカンパニー「UiPath社」が提供する代表的なRPAソリューション。世界的な賞をいくつも獲得し、日本でも豊富な導入実績があります。業務の見える化・自動化で業務効率や生産性を向上させます。
幅広いフェーズで多様な要望に対応
PC 1台から導入が可能で、管理ツールを追加することで集中管理も可能なソリューションです。このため、スモールスタートから全社展開まで幅広く活用でき、業務の拡大や成長に合わせた進化もスムーズです。
UiPath導入をワンストップで支援
日本ユニシスはUiPathの認定パートナー。検討フェーズ、導入フェーズ、運用フェーズそれぞれでサポートサービスを用意し、各種を組み合わせてお客さまに最適なメニューを提供します。
フェーズごとに充実したサービスをご用意
フェーズごとに充実したサービスをご用意
 詳細内容

MeeCapのご紹介

作業の改善・向上につながるプロセスマイニングツール
MeeCapとは
MeeCapは、人の手によってオフィスの現場で行われているキーボードやマウスなどによるPC操作手順を記録・分析することで、業務内容やプロセスの可視化を実現するプロセスマイニングツールです。UiPathと連携することで、より的確な業務プロセスの抽出が可能となり、自動化とともに作業の改善や精度の向上に貢献します。
MeeCapとは
MeeCapの主な機能
ダッシュボード
ダッシュボードの分析画面で、「ワークスタイル・アプリ使用率・業務時間比率・URL・パス」といった項目をグラフ化。社員一人ひとりの業務状況を、業務単位で分析可能。
自動分析レポート
1,3,6ヶ月単位で自動生成。「生産性・業務の適正分担・社内情報共有・作業への集中・システム活用」から改善状況を分析・評価。RPAに適した業務の抽出も。
HappyPath
パソコン操作ログを元に、自動で業務プロセスのフロー図を表示。RPAに適した繰り返し作業や、典型的な業務プロセスなどを抽出するプロセスマイニング機能。
行動ログ
マウスキャプチャ画面と、キーボードタイピングを時系列表示。自動レポートで課題の業務を抽出、最終的には詳細なアクティビティから個々の操作を分析。
サービスメニュー
ベーシックサポート
日本ユニシスからMeeCapライセンスを購入いただきましたお客さま限定で、製品機能や使用方法に関するお問い合わせに、当社技術主管がメールにて無償で回答します。
ベーシックサポート
活用事例

業務可視化
現場に負担をかけず、操作履歴の蓄積から、効率的な操作手順や業務の流れを可視化・分析。ホワイトカラーの生産性を向上。
問い合わせ対応
お問い合わせを受けたその場で、簡単な手順を作成してメール送信。よくある質問に対して、予め操作手順書や動画を公開することも。 
内部統制
全ての操作ログを記録でき、業務プロセスの適正化が可能に。情報漏洩リスクから従業員を保護し、牽制としての役割を担うことも。 
操作学習
操作内容を画面上に表示。教える側は技術やノウハウを簡単に伝えられ、学ぶ側がどこで悩んでいるのかも把握可能に。
遠隔操作
離れた相手へ、文字に画像や動画も使って分かりやすく情報を伝達。ひと目で理解が進み、同期しながら知識の共有が可能。
マニュアル作成
操作画面のキャプチャだけでなく、画像編集やコメントの挿入も自由に行えるため、マニュアル作成の時間を大幅に短縮。

ABBYY FlexiCaptureのご紹介

最も必要な作業箇所に、クラウドでもオンプレでも。
ABBYY FlexiCaptureとは
請求書などの紙の情報を自動的にデジタル化するABBYY社のAI-OCR。AI-OCR製品の中でも高精度かつスケーラブル可能な点が特長です。準構造文書(請求書、注文書、契約書など)、非構造化文書(Eメールなど)でも活用でき、UiPathと組み合わせることで紙データの利活用を促進できます。    
ABBYY FlexiCaptureとは
ABBYY FlexiCaptureの主な機能
高精度な認識
機械学習を活用することで、最高レベルの認識度を確保。企業間のやり取りで発生する「請求書、税務書式、添付文書、発注書」のデータ抽出や分類が可能。
自動学習
文書レイアウトや非定型フォームの処理をシステムが自動学習。学習結果の編集や微調整なども可能。ユーザーのフィードバックから継続的な学習と向上も。
ハイレベルな書類分類
高度な書類分析技術を搭載。文書を見た目やパターンから判断し、あるいはテキスト解析に基づいて分類して、必要に応じた並び替えを行うことが可能。
画像の画質改善
取り込んだ画像を自動的に改善。謄本や身分証明証、運搬の確認証のような複雑な背景を持つ書類の処理作業に欠かせない機能。画質が悪い場合も処理を可能に。
製品タイプ
読み取り対象文字
AI-OCRの読取り対象は、手書き文字と印字文字に大別されますが、ABBYY FlexiCaptureは「印字文字を対象」としています。
※ローマ字/数字の手書き文字読み取りは可能

*UiPathは、UiPath社の登録商標です。

*MeeCapは、MeeCap社の登録商標です。

*ABBYY、FlexiCaptureは、ABBYY Software Ltd.の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。