JP/EN

 

Foresight in sight

バーチャル見本市サービス

オンラインで販売活動を支援するバーチャル見本市サービス

バーチャル見本市サービス
長期化する新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受け、今日では“非接触”がビジネスの前提となりました。リアルでの見本市や展示会の開催がさまざまな制限を受ける中、オンラインによる開催が広がっています。
商談に重点を置いた非接触のオンライン見本市には、場所や時間にとらわれず広範囲の集客による商機の拡大、開催費用の抑制、来場者の回遊データ分析による商品改善や商談拡大などのメリットがあります。

こんな悩みありませんか?

オンラインでの見本市開催は、リアルイベントとは異なる運営ノウハウやICTスキルが必要です。
オンラインで開催してみたいが、何から手をつけていいかわからない、何をすればいいかわからない、このような声をよくお聞きします。
こんな悩みありませんか?
● バーチャル展示会を開催したいが、ノウハウがない

● 運営スタッフに十分なICTスキルがない

● 他のバーチャル展示会との差別化ができず、出展者の集客が難しい

● 出展者と来場者に、オンラインならではの体験を提供できるか不安がある

バーチャル見本市サービスとは

バーチャル見本市サービスとは
 
日本ユニシスのバーチャル見本市サービスは、見本市の主催者に対して、バーチャル見本市の企画・環境設定・運用・来場者分析までトータルに支援します。
また、電子化したリーフレットやカタログ、動画なども組み合わせたリッチなコンテンツと、バーチャルの特性を活かしたさまざまなデータ活用で主催者、出展者、来場者をアシストします。
バーチャル見本市サービスとは
特に来場者5000人以下の中小規模展示会の主催者におすすめします。
● 商品の販売機会を創出し顧客企業との商談を進めたい業界団体

● メーカーと販売員の間の商品情報の共有や販売員の商品知識向上したい小売店や量販店

● 企業内・企業グループ内での商品情報の共有や、常設の社内ショールーム設置を検討している企業

バーチャル見本市のメリット

リアル見本市と比較して、バーチャル見本市には以下のようなメリットがあります。
特に「No.5 商談分析」は、バーチャル見本市ならではの最大のメリットです。
 No  項目 メリット
1  出展費用 一般的なリアル見本市の場合、主催側は会場の手配費、出展者側であれば出展会場のブース確保費用、装飾費、来場者への対人接客費などが掛かります。バーチャル見本市では、このような費用が掛からないため、集客やPR費用に回すことが可能です。 
2  準備の手間 会場手配、ブース準備などの手間や時間が短縮できます。
3  開催期間の制約  場所や時間の制約がなくアクセスできます。 また、自然災害(大雨・台風、地震など)の影響も受けないため、イベント開催のリスクも減ります。
4  来場者集客 リアル見本市では距離や時間の問題で参加できなかった来場者も、バーチャルの展示会であることからアクセスしやすくなります。バーチャル展示会なら全国各地、さらには世界各国から来場者を集めることが可能です。 
5  商談分析  来場者の行動(どのブースを訪れたか、どんなコンテンツに興味を示したか、何をダウンロード・閲覧したか)ログデータをすべてウェブ上で正確に取得し、アナログ作業無しで管理・分析が可能です。 
 

主な機能とサービス内容

見本市の準備期間から開催、フォローまで、見本市の主催者をトータルに支援します。
高度な ICT スキルが無くとも、効果的で高品質なバーチャル見本市を実施できます。

● 見本市準備期間
 ・出展者には「コンテンツ登録」サービスを提供します。

● 見本市開催期間
 ・来場者には「コンテンツの閲覧」や「アンケート」といった機能を提供します。
 ・主催者および出展者には、「コンテンツ参照状況」や「アンケート結果」、「商談分析結果」などの各種レポート提供します。

また、関連サービスの AIによる分析サービスをご利用いただくと、各種分析レポートをもとに、動線体験の改善、出展者の商品改善・商談率の改善等のヒントが得られます。
主な機能とサービス内容
※ Web会議サービスは、出展者による MS Teams または Zoom の契約が必要です。

サービスメニュー

本サービスと、関連サービスがあります。

【本サービス】
標準サービスの契約は必須です。見本市の規模に応じて選択してください。
アーカイブ延長サービスはオプションです。標準サービス終了後、アーカイブ期間を延長したい場合にご契約ください。

【関連サービス】
関連サービスとして、分析サービスを提供します。
標準サービスでも来場者数や閲覧数等の基本的なレポートを提供しますが、分析サービスでは、より詳細な内容についての分析をAIで行い、商談や成約につながりやすいケース、つながりにくいケースの傾向等を確認できます。

各サービスの詳細については、以下をご参照ください。
 サービス種別 サービス名   種類
(見本市の規模)
期間  サービス内容 
 
 
 本サービス
 
 
 
 
標準サービス
 
 
 スモール
 3ヵ月
 ●基本
 ・環境構築
 ・お問合せ対応
 ●運用代行
 ・事前登録準備
 ・レポート出力支援
 ベーシック
 ミドル
 プレミアム 4ヵ月
 アーカイブ延長サービス  - 1ヵ月  ・アーカイブ期間の延長
 ・お問合せ対応
 関連サービス  分析サービス  - 1ヵ月  ・検索ログ分析
 ・チャット分析
 ・動線分析
 ・注目度と成約数の関連分析

利用期間:スケジュールの例

「アーカイブ延長サービス」と「分析サービス」は、標準サービス終了後の期間を対象としています。
利用期間:スケジュールの例

【標準サービス】主催者向けレポートのイメージ

1.見本市来場者、2.カテゴリ別ブース来場者、3.セミナー来場者
4.セミナー来場者ランキング、5.展示商品閲覧ランキング、6.商談件数

【標準サービス】出展者向けレポートのイメージ

1.ブース別:来場者数
2.ブース別:展示商品閲覧ランキング、3.ブース別:商談件数

【関連サービス】分析サービスの詳細

分析サービスでは、以下のような項目に対して分析を実施します。
No 分析項目 分析概要
1  検索キーワード  展示商品の検索時に入力された検索キーワードを分析し、来場者のニーズを確認します。
2  チャット  チャット内容を使用してテキストマイニングを行い、商談や成約につながりやすいケース、つながりにくいケースの傾向を確認します。
3  商談  商談の動画を使用して感情分析を行い、成約につながりやすいケース、つながりにくいケースの傾向を確認します。
4  動線  来場者の動線を分析し、チャットや商談、成約につながりやすいケース、つながりにくいケースの傾向を確認します。
5  注目度と成約の関係  注目されていたが成約数が少なかった商品、注目されていなかったが成約数が多かった商品等を確認し、アンケート結果をもとに注目度と成約の関係を確認します。
 

関連リンク

トピックス

導入にあたって具体的な手順や、ご相談を希望の方はお気軽にお問い合わせください。

*LearningCast/ラーニングキャスト、Rinza、RinzaTalk は、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。