JP/EN

 

Foresight in sight

エネルギーソリューション

次世代のエネルギーソリューションで持続可能な社会の実現に貢献します。
東日本大震災以降、エネルギー・環境問題は従来以上に重大な社会問題としてクローズアップされています。同時に電力の小売全面自由化など市場が新たな局面を迎えており、エネルギーインフラの再構築が求められています。
こうした環境変化をふまえて、創業以来取り組んできたエネルギー関連のシステム開発経験を活かした新たなソリューションやサービスを提供いたします。
2019年より始まる卒FITに向けたソリューション開発も進めています。(太陽光発電の余剰電力の買取機能、太陽光発電の自家消費の最大化支援)
トラッキング付非化石証書の販売にかかる実証実験
日本ユニシスは、経済産業省資源エネルギー庁の「平成30年度新エネルギー等の導入促進のための基礎調査事業」のひとつである「非化石証書の利用価値向上に係る調査事業」を開始します。
2019年2月に実施されるFIT非化石価値取引市場において取引される証書の一部について、紐づけられる電源種や発電所所在地などの属性情報を明らかにするトラッキングスキームを試験的に導入いたします。今後、実証実験への参加方法や事業者説明会の情報などは、以下の詳細とメールマガジンにて配信します。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

トピックス バックナンバー >

サービス概要

電力事業者や発電事業者の業務システム、需給バランスの調整や省エネ・省CO2を支援するEMS(エネルギーマネジメントシステム)、見える化ポータルでつなげる暮らしのサポートをクラウドサービスで提供いたします。
次世代のエネルギーソリューション概要図

ソリューション

 

Enability EMS:エネルギー管理サービス

Enability EMS:エネルギー管理
メーターデータ管理システム(MDMS)およびエネルギー管理システム(BEMS、MEMS、HEMS)をクラウドサービスで提供します。また、バーチャルパワープラント(VPP)の実現、卒FITによる自家消費ニーズ拡大にも貢献します。

電気自動車(EV)充電インフラシステムサービス smart oasisシリーズ > link

EVやPHVの充電インフラを利用するための利用者認証機能や課金機能および充電装置の位置情報・空き情報を提供するシステムサービスです。
充電インフラ管理の効率化だけでなく、PR効果や観光振興などの加価値が期待できます。

コラム集

事例紹介

*Enability、UNIBEMS、PromoConcierは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。