JP/EN

 

Foresight in sight

次世代造型支援システム Dynavista®(ダイナビスタ)

学校向け教育コース

日本ユニシスのDynavista製品は、3次元CADシステム CATIAと日本ユニシス開発のCAD/CAMシステム Dynavistaについてご紹介します。設計者を目指す学生の皆さまがCATIAを習得されておくとお役立ちになります。

CATIA基礎教育 5日間コース

学校の講師様でCATIAの基本をまんべんなく習得したい、という方は、この5日間コースを受講していただくことをお勧めします。
受けたいコースだけ選んで受講するということも可能です。お気軽にご相談ください。
CATIA基礎教育 5日間コースの流れ
また、学校向けCAD/CAM教育プログラム作成、テキスト作成などのコンサルティング・技術サポートも個別に承ります。

基礎教育講習内容

基礎

・CATIA V5の特徴
・画面のレイアウトと基本用語
・コマンド、マウスなど基本操作
・データの管理方法
・スケッチとは?
・スケッチの概念と作成、編集方法 など
※スケッチとは、立体や面を作るもととなる断面線で2次元上に作成します。

ソリッド

・ソリッドの概念
・スケッチベースのモデリングコマンド
・基本形状への加工コマンド
・演算機能
・履歴編集
※ソリッド(solid)とは、中身が詰まった立体のことを指します。

アセンブリ

・アセンブリとは?
・部品の配置と拘束
・アセンブリデータの管理
・部品の干渉解析
・アセンブリ環境での設計 など
※アセンブリとは、複数の部品を紐付けてできた組み立て部品のこと

サーフェス

・図面の作成方法
・3D要素の投影
・図面データの管理
・寸法、注釈の作成 など
※サーフェスとは、ワイヤーフレームは3次元状に作成した線、サーフェスは厚みがない面を指します

ドラフティング

・図面の作成方法
・3D要素の投影
・図面データの管理
・寸法、注釈の作成 など
※ドラフティングは、部品の図面を作成する機能です。

*Dynavistaは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。