JP/EN

 

Foresight in sight

中堅・中小企業向けソリューション

生産・販売管理パッケージ effit A

受注から出荷までの基幹業務全体を支援し、トレーサビリティ、強力な原価管理機能、ハンディーターミナルなどのインターフェースを提供します。コストをリーズナブルに抑え、短期間での導入が可能です。

原価管理

原価の低減や改善、製品ごとの利益の可視化のためは、原価管理システムと原価情報活用のためのPDCAサイクルの確立が求められます。
原価情報活用のために、標準原価、実際原価、その差異分析に加えて、予算原価のシミュレーションは速報原価情報を提供します。
標準原価計算
原価改善の第一ステップは、目標となる原価である
標準原価の設定にあります。
  • 原価標準の見積シミュレーション
  • 原価標準の設定と確定
 
予算原価シミュレーション
標準原価をもとに、工場の予定総工数、予定の
レートなどで、どのようなコストで製造活動を
行っていくかの予算原価をシミュレーションを
行いながら検討します。
  • 予算・総工数・予定レートの見積
  • 予算シミュレーション
実際原価計算
実績データと実際費用を使用して、製造活動で
使用したコストを計算します。
  • 実際費用データを配賦
  • 実際原価の把握、原価差異の把握
 
実績原価(速報原価)計算
月末の〆処理の前に、実績データと予定レートを
使用して速報値としての原価を計算して、情報を
提供します。
  • 労務費・経費は予定レートを使用
  • 月中の原価進捗と原価差異の把握が可能
機能については、現場向けのきめ細かな機能をご用意しています。現場がほしい情報や操作を実装しているので業務効率化が図れます。詳しくはフォームよりお問合せください。

*effit Aは、株式会社ミキ情報システムの登録商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。