JP/EN

 

Foresight in sight

ユニシス技報

「ユニシス技報」は、日本ユニシスグループの技術的成果を皆様にご紹介するため、1981年2月に創刊されました。本ページでは創刊号から最新号までを、PDF形式で提供しております。日本ユニシスグループの技術成果を、ぜひご覧ください。

技報検索

最新刊

2021年6月発刊 Vol.41 No.1 通巻148号
「別冊技報」

別冊技報は、日本ユニシスグループ各社が力を入れているサービスやソリューションをピックアップし、通常の技報より平易に、またビジネスに役立つように解説する小冊子です。今回とりあげるのは、Well-beingに貢献するIT、電子チケット流通サービス“Kimaticke”、生活者をバリューチェーンに招き入れるAPIエコノミーと、小売業の店舗業務でのロボット活用事例です。

別冊技報

最近の発刊号

「ワークスタイル変革と情報システム」

147号 2021年3月発刊

日本ユニシスグループは,かねてより在宅勤務やサテライトオフィスの導入などのワークスタイル変革に取り組んできました。新型コロナウイルスへの対応によって,この1年間はそうした取り組みが想定を超えるスピードと規模感で私たち企業に広がっています。本特集号では,日本ユニシスグループがワークスタイル変革のために実践してきた情報システムの基盤強化活動の中から,クラウドストレージの導入と利用推進施策,文書管理ワークフローシステムの目標と評価視点アプローチ,ゼロトラストモデルを適用した社内セキュリティ基盤,ゼロトラストモデルの最新動向,利用型サービスの顧客適用に向けたナレッジ化について紹介しています。また,クラウド型ネットワークサービス“Wrap”の特徴と適用事例を紹介します。

「ネットワークⅣ」

146号 2020年12月発刊

日本ユニシスグループのユニアデックス株式会社は,ネットワークの技術革新に追随しながら,お客さまに最適なサービスを提供し続けてきました.その成果はユニシス技報で定期的に特集しています.前回のネットワーク特集から5年が経過した今日では,クラウドやモバイルの普及によって,ネットワークの多様化/高速化/高度化が進み,構築や運用面での創意工夫が求められるようになりました.本特集号では,光伝送システムや企業ネットワークの展望,無線LANやハイブリッドクラウドの技術動向,クラウドサービスを用いた認証技術,ネットワーク自動化への取り組みについて紹介しています.また,一般論文として分散型データ連携プラットフォームの適用事例を紹介します.

「研究開発」

145号 2020年9月発刊

日本ユニシスグループは,技術の変遷を幅広く見据え,現在や5年後,10年後に有用となる技術の研究開発に取り組んでいます。本号では,社会課題の解決を目指した問題提起と,中長期的な視点に立った先端技術のテーマ設定を行い,それらに続く実践的な研究を紹介しています。

「日本ユニシスグループの力Ⅱ」

144号 2020年6月発刊

日本ユニシスの各部門とグループ各社,そして大日本印刷の注力技術を選抜して紹介する特集号の第二弾として, 144号「特集:日本ユニシスグループの力Ⅱ」をお届けします.本号では,産学公連携によるコミュニティとウェルネス事業,MaaSとオンデマンド交通,クラウドサービスと企業の接続に関する最適解とSD-WAN,養豚業における繁殖作業のデジタル化,5Gの技術的特徴とビジネス普及に向けた制度の動向,ITILによる運用標準化,そしてAIを活用したレイアウト自動生成についての論文及び記事を掲載しています.

PDF形式のデータをご覧頂くにはAdobe Reader(無償) が必要です。
ダウンロードはこちら >

Get ADOBEREADER