JP/EN

 

Foresight in sight

トラック予約・受付サービス SmartTransport ®

物流業界の課題を「SmartTransport」で解決!ホワイト物流に貢献
物流業界では、トラックの待機時間や倉庫作業員・ドライバの人手不足など様々な課題があります。少子高齢社会となった現代で働き手の不足が続き、物流業界は特に人が集まりにくい状況の中、様々な課題は更に深刻化していくことが予測されます。日本ユニシスが提供するトラック予約受付サービス「SmartTransport」はトラック予約、自動受付、バース管理を行うことで、運送会社と倉庫会社の両者の課題解決を実現するサービスです。ホワイト物流をテーマに今後の物流業界の改革を目指したいという方、トラック待機問題解決や倉庫内業務効率化に関してご興味がある方お気軽にお問い合わせください。まずはトラック予約受付システムの情報収集から、というご依頼でも構いません。 貴社のお悩みを解決するために手厚くサポートいたします。
SmartTransport 業務フロー
SmartTransport 業務フロー
SmartTransport導入後の業務フローは①~⑧の流れになります。トラック到着時刻予約、到着受付、車両誘導などの作業を全てシステム上で実施することが可能です。実際の画面を用いたデモの実施が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

物流業界の課題

こんな課題はありませんか?
  • 倉庫作業員の人手不足、長時間労働
  • 計画性のない庫内作業で生産性が低下
  • バース管理、バースコントロールが上手くできない
  • トラックがいつ来るかわからない
  • 特定の時間帯にトラックが集中してしまう
  • トラック待機時間が発生してしまう
  • 周辺住民への悪影響(CO2、トラック待機列など)
  • どんなトラック予約受付システムがあるのかわからない、どれを利用すればいいかわからない

課題解決:物流業界の課題をSmartTransportで解決!

  1. 倉庫会社・作業員
    • 事前予約された情報に基づいた作業計画・事前準備の実施
    • 作業計画、事前準備でのバース管理、バースコントロールすることで業務効率、生産性の向上
    • 受付自動化、無人化、ペーパレス化
    • トラック待機スペースが少ないセンタの効率運営
  2. 運送会社・ドライバ
    • トラック待機時間削減による生産性向上
    • トラック路上待機を減らし、休憩時間確保(労務問題)
    • センタ混雑状況を把握し、計画的な業務を実現
  3. 周辺環境
    • トラック路上待機による事故の防止
    • トラック路上待機による騒音問題解消
    • トラック路上待機によるCO2排出量削減

概要

PC・スマートフォンからトラック到着時刻の事前予約を行い、自動受付および周辺機能をサービス型でご提供し、倉庫会社・運送会社の業務効率改善および周辺環境改善にも寄与します。
SaaS型でのご提供のため、インターネットに接続できる環境、PC・タブレットをご用意していただくだけですぐに開始することが可能です。
トラック予約により伝票情報の共有、作業量の平準化、トラック待機時間の削減を実現します。
さらにバース割当機能、SMS(ショートメッセージサービス)による呼出機能によって、バース管理・バースコントロールの効率化、受付の自動化による無人受付、ペーパレス化も可能になります。
SmartTransport サービスの流れ
SmartTransport サービスの流れ
SmartTransport導入からサービス開始までのスケジュールは、凡そ導入は約2~3週間で完了します。
マスター設定の準備、導入までのサポートは日本ユニシスが責任もって実施させていただきます。
詳細については、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
価格:初期導入費用30万・月額費用5万円
価格についての詳細は、お問い合わせください。

主な機能

  • 予約機能
    PC/スマートフォンを使い、トラック予約ができます。(トラック到着時刻や荷物量を予約)
  • 到着受付機能
    ドライバ自身が端末を操作し受付を実施(予約番号、QRコード等で簡単受付)
  • 待機状況確認機能
    倉庫の混雑状況をシステム上のグラフで確認ができます。
  • 呼び出し機能
    SMSでトラックドライバをバースへ誘導(ご利用の際は、SMS業者と契約が必要です。運用に合わせてご利用ください)
  • バース管理機能
    システム上のバースの状況を確認できます。
  • レポート機能
    到着、呼出、接車、発車などの時刻を記録しCSVで出力が可能です。
  • オプションサービス
    バース割当機能

導入事例

ニチレイロジグループ様を始めとした様々な業界の倉庫、工場に約50拠点導入いただきました。
トラック予約・受付サービス SmartTransportを導入することで、作業時間の短縮や業務削減が可能です。
実際にニチレイロジグループ様では、トラック1台当たりの平均待機時間を1時間以上削減することに成功されています。
トラック待機時間削減以外にも様々な副次的な効果がございます。
SmartTransportは誰でも直感的に操作できるUI、ランニング費用のコスト面など、全般的なサポートのご支援、様々な倉庫の運用に柔軟に対応できる細かなマスタ設定など、クラウド型サービスのため、導入までのスピードが速くご提供できます。

新機能

SmartTransportは定期的な機能追加・機能改善を実施し、今後もご利用者のご要望に沿って新機能を追加してまいります。
SmartTransport 新機能リリース

国土交通省の取り組みとSmartTransportの関係

  1. 荷待時間などの記録の義務化
    平成29 年7 月1 日よりトラックドライバーの荷待時間などの実態把握や解消に向け、荷待時間などの記録が義務付けられました。
  2. 税制優遇
    平成28 年10 月1 日より物流総合効率化法が改正され物流総合効率化法の認定を受けた物流施設には、以下の支援制度(メリット)を利用することができるようになりました。
    ・法人税や固定資産税・都市計画税の減税制度があります。
    ・市街化調整区域での開発許可に関して配慮がなされます。
    • 認定を受けるための条件として、「トラック予約受付システムなどの設備を有するもの」と明記されました。

ご参考:関連リンク

トピックス

*SmartTransportは、日本ユニシス株式会社の商標です。

*その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。